夏至2021はいつ?正確な時間は?日の出・日の入り時刻と昼の長さ!

2021年3月23日行事・カレンダー

夏至 2021 いつ 時間 日の出 日の入り

1年のうちで昼の時間が最も長いといわれている「夏至」

2021年はいつになるのか、正確な時間を知りたいという方も多いことでしょう。

 

夏至の日の日の出・日の入り時刻を調べると、実際に昼の長さを算出することも可能です。

二十四節気の1つでもありますので、もう1つの至点・冬至との関係についても詳しくご紹介しますね!

Sponsored Link

 

夏至2021はいつ?

夏至 2021 いつ

2021年の夏至は6月21日(月)になります。

「夏に至る」と書きますが、もちろん夏の暑さのピークを迎えるわけではありません。

 

昼の長さが最も長くなる夏至の日を境に、「本格的な夏の盛り」に向かうことになります。

天文学的に見ると太陽と地球の位置関係によって決まりますので、毎年決まった日ではありません。

 

ただし、国立天文台の計算によると、日本では2021年~2050年はすべて6月21日と予想されています。

 

夏至2021の正確な時間は?

夏至 2021 時間

天文学的には、夏至は太陽黄経90℃になる瞬間を意味します。

したがって、国立天文台は単なる日付だけでなく、その正確な時間まで発表しています。

【2021年の夏至の時間】

  • 6月21日12時32分

 

2021年の場合、夏至はお昼過ぎのランチタイム頃になりますが、これは日本独自の「中央標準時」によるものです。

地球の自転に関する世界統一の時系列「世界時(協定世界時)」ではこの9時間前となりますので、世界では6月21日3時32分になります。

Sponsored Link

 

夏至の期間はいつからいつまで?

夏至 2021 いつから いつまで

夏至は定期法で定められた二十四節気の1つであるため、次の節気までの期間としての意味もあります。

2021年の場合、次の節気の小暑(7月7日)の前日までとなるため、6月21日~7月6日の約15日間になります。

 

二十四節気とは、旧暦(太陰太陽暦)時代に季節の移り変わりを読むために1年を24の季節に分けたものです。

2月初旬の立春(太陽黄経315度)を1番目として、太陽黄経が15度動く度に次の節気に移ります。

 

南半球の夏至はいつ?

夏至 冬至

南半球は地軸の傾きにより、北半球とは季節が真逆になりますよね。

しかし、季節の節目を表す「二至二分(にしにぶん)」は世界共通で定義されているため、どんなに寒くても2021年の夏至は6月21日です。※英語では夏至=「summer solstice」。

【二至二分と太陽黄経】

  • 春分:0度
  • 夏至:90度
  • 秋分:180度
  • 冬至:270度

 

「寒いのに夏至!?」と不思議に思うのも無理はありませんね。

もちろん北半球とは季節自体が逆になるため、昼の長さが最も短くなります。

 

ただ、世界中のどこにいても夏至と冬至は太陽黄経が180度異なりますので、その場にとどまっている限り季節が真逆になることは確かです。

春分・夏至・秋分・冬至の「二至二分」は、それぞれ日本の二十四節気に含まれますので、併せて覚えておきたいですね!

Sponsored Link

 

夏至2021の日の出・日の入り時刻と南中高度は?

夏至 2021 日の出 日の入り

次に、2021年(令和3年)の夏至の日の日の出・日の入り時刻と南中高度をご紹介します。

北は札幌(北海道)から南は那覇(沖縄)までの都市を下記グラフにまとめています。(※小笠原を含む)

都市 日の出 日の入り 南中高度
札幌 3:55 19:18 70.4度
仙台 4:13 19:03 75.2度
東京 4:25 19:00 77.8度
小笠原 4:37 18:29 86.4度
名古屋 4:38 19:10 78.3度
大坂 4:45 19:14 78.8度
広島 4:58 19:26 79.1度
福岡 5:09 19:32 79.9度
鹿児島 5:13 19:26 81.8度
那覇 5:38 19:25 87.2度

一般的に、日の出・日の入り時刻は、経度が西に1度ずれるごとに4分遅くなるといわれています。

ただし、緯度の影響も受けるため、最も東に位置する小笠原より札幌の方が「3:55」と早くなっていますね。

 

2021年の夏至の日で注目すべきは北海道の札幌です。

日の出が最も早いにもかかわらず、日の入りは最も西にあり緯度も低い那覇と大差がありませんよね。

 

これは、地球の自転軸が公転軸に対して約23.4度傾いているためですが、夏至の頃になると緯度が高いほど普段より昼が長くなる傾向にあることを示しています。

当然、冬至の頃になると緯度が高いほど夜が長くなるという逆の現象が起こることになります。

 

チェックポイント!

夏至より約1週間前に日の出は最も早くなり、約1週間後に日の入りは最も遅くなります。

冬至の場合、約2週間後に日の出が最も遅くなり、約2週間前に日の入りが最も早くなります。

日の出・日の入り時刻のバランスが噛み合い、最も昼が長くなるのが夏至、最も夜が長くなるのが冬至です。

6月の満月ストロベリームーン2021はいつ?時間・方角・高さは?

夏至 2021 南中高度

また、南中高度とは太陽が真南にきて最も高く上がった時の地平線との間の角度を意味します。(最大90度)

季節や経度(場所)によって時刻は変わりますが、夏至の日は緯度が低い小笠原や那覇は85度以上となっており、「ほぼ頭上まで太陽が昇る」という印象ですね!

夏至2021の昼の長さは?

夏至 2021 昼の長さ

前述した全国各地の日の出・日の日り時刻から、2021年の夏至の日の昼の長さがどれくらいかチェックしてみましょう!

昼の定義は、太陽が地平線(水平線)より上に出ていることで、夜は日没から翌朝太陽が昇るまでの時間です。

都市 昼の長さ 夜の長さ
札幌 15時間23分 8時間37分
仙台 14時間50分 9時間10分
東京 14時間34分 9時間26分
小笠原 13時間52分 10時間8分
名古屋 14時間42分 9時間18分
大坂 14時間29分 9時間31分
広島 14時間28分 9時間32分
福岡 14時間23分 9時間37分
鹿児島 14時間13分 9時間47分
那覇 13時間47分 10時間13分

緯度が高い北海道の札幌は、昼の長さが15時間23分もあり、夜の長さは8時間37分しかありません。

昼夜の時間差は「15時間23分-8時間37分=6時間46分で、かなり昼の方が長いことがわかります。

 

一方、緯度が低い東京の小笠原や沖縄の那覇は、昼夜の時間差も3時間代に収まっていますね。

もっと南の赤道付近になると、夏至の日でも昼夜の時間差はほとんどありません。

Sponsored Link

 

夏至の日照時間が最も長いとは限らない

夏至 日照時間 長いと限らない

夏至の日は昼の長さが最も長いといわれているため、「日照時間が最も長い」と思いがちですよね。

ただ、これは間違いです。

 

日照時間とは、直射日光が地面を照射した時間のことですが、気象庁では「直達日射量が0.12kW/㎡以上」に限ると定義しています。

この単位がわかりにくいですが、日光により人や物の影が見られる程度であれば「日照」に含まれます。

 

ただし、夏至の頃は日本は梅雨時ですし、梅雨前線の暑い雲に覆われて薄暗い昼の時間を過ごすことも多いですよね。

つまり、一定の明るさが無ければ日照と認められないため、夏至の日照時間が最も長いとは限りません。

 

わかりやすい例を挙げると…2020年7月は梅雨前線の停滞が著しく、「令和2年7月豪雨」などもありましたよね。

東京都も例外ではなく、観測以来ワーストの日照時間(47.7時間)を記録しています。

 

夏至に限ったことではありませんが、「昼=日照時間」ではありませんので、ご注意くださいね!

Sponsored Link

 

夏至の北極圏では白夜になる地域も!

夏至 北極圏 白夜

日本より遥か北の北極圏では、夏至の頃に白夜(びゃくや・はくや)になる地域もあります。

白夜とは「太陽が1日中沈まない」「日没後も真っ暗にならない」「深夜になっても薄明るい」といった現象を意味します。

 

この現象も地軸が約23.4度傾いていることで起こりますが、夏至の頃は北極を中心に北半球が太陽の方へ傾いている証拠でもあります。

実際に春分、秋分、冬至の頃より、北極圏と太陽との距離も近くなっています。

 

【北極圏の定義】

  • 北緯66度33分以北の地域


【北極圏に領土を持つ国】

  • ノルウェー
  • フィンランド
  • スウェーデン
  • アイスランド
  • デンマーク(グリーンランド)
  • ロシア
  • カナダ
  • アメリカ(アラスカ州)

 

白夜は北極圏より緯度が低い地域でも起こり得るものですが、北極(北緯90度)に近づくにつれ顕著に現れやすい現象です。

ノルウェー領スヴァ―ルバル諸島のロングイェールビーンでは、夏至を中心に4月下旬~8月下旬に4か月間も白夜が続くともいわれています。

 

北極圏を含む寒い地域に住んでいる人にとって太陽の光は何よりも有難いものです。

そのため、北欧のノルウェー、フィンランド、スウェーデンを中心に毎年「夏至祭」が開かれ、百夜の到来を祝う祝日なども制定されています。

 

夏至の南極圏では極夜に!

夏至 南極圏 極夜

日本より遥か南に位置する南極圏では、夏至の日を中心に極夜(きょくや)という現象が起こります。

白夜とは逆に、「一日中太陽が昇らない」「日中でも薄暗い」といった日が続くこともあります。

 

南極圏は南緯66度33分以南の地域ですが、ほぼ南極大陸と南極海のみになります。

南極大陸には日本の昭和基地もありますが、近年の気象データを見ると、例年6月の日照時間は「0.0時間」となっています。

 

5月は平均17.7時間、7月も4.8時間となっており、夏至を中心として3ヶ月ほど暗い中での生活となるようです。

夏至は世界共通といっても南半球では天文学的に「冬至」と同義になりますので、ますます寒くなる時期に入っていきます。

 

ロシアのボストーク基地は南極でも最も寒いといわれ、1983年7月には最低気温-89.2℃を記録しています。

また、夏至を中心に極夜の頃はオーロラが最も綺麗に見られる時期としても有名ですね。

Sponsored Link

 

夏至2021はいつ?正確な時間は?日の出・日の入り時刻と昼の長さ!のまとめ

2021年の夏至の日付や正確な時間を中心にご紹介しました。

全国各地の日の出・日の入り時刻を元に計算すると、緯度の高い北海道が最も昼の長さが長くなるようです。

 

逆に緯度の低い沖縄や小笠原では、昼夜の時間差が少ないこともわかりましたね。

南中高度が高いほど、日の出から太陽が大きなアーチを空に描き、日没を迎えることになります。

 

また、夏至を含む「二至二分」は、それぞれ二十四節気の1つとなっていますので覚えておくと便利です。

6月下旬となると梅雨時で雨が多いことも予想されますが、晴れて太陽の軌跡などを観察できるといいですね。