フロマージュとチーズケーキの違い!フランス語での呼び名は?

スイーツ・お菓子

フロマージュ チーズケーキ 違い

洋菓子店などのショーケースで見かける機会も多い「フロマージュ」「チーズケーキ」

見た目や味もそっくりですが、何か違いがあるのでしょうか?

 

フロマージュがフランス語で、チーズケーキが英語の呼び名だと思われている方も多いようです。

そもそも世界での「チーズの呼び名」を調べてみると、明らかな違いがあることがわかりました。

 

では早速、ご紹介しますね!

Sponsored Link

 

フロマージュとチーズケーキの違い!

フロマージュ チーズケーキ 違い

まずフロマージュとは、フランス語で「チーズ」を意味する言葉です。

分類上「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」に大別されますが、チーズ全般をフロマージュと呼びます。

 

したがって、チーズケーキとの違いは明白ですね。

チーズケーキの種類を大別すると「ベイクド」「レア」「スフレ」があります。

 

主な原料はイタリア原産の「マスカルポーネ」、南イタリア産の「リコッタ」、オランダ原産の「カッテージ」の他、生クリームを混ぜたクリームチーズなどのチーズがメインとなります。

そこに、小麦粉、砂糖、塩、コーンスターチなどを加えて調理すると、上記3種のチーズケーキが完成します。

 

フロマージュはフランス語表記で「fromage」

あくまで"チーズそのもの”であり、チーズケーキの原料の1つに過ぎません。

 

日本で違いがわかりにくい理由は?

フロマージュ チーズケーキ 違いがわかりにくい

21世紀に入ると、日本の洋菓子店ではチーズケーキのネーミングに「フロマージュ」というフランス語を用いることが増えたようです。

これが両者の違いがわかりにくい一番の理由となっています。

 

「フランス風でオシャレに感じる」という日本人の心理を活かしたお店側の戦略ですよね。

1990年代にはチーズケーキの一種でイタリアの「ティラミス」が大流行しましたが、欧州文化への憧れのようなモノを感じた時代でしたね。

 

1998年になると、北海道の小樽洋菓子舗「ルタオ (LeTAO)」が「ドゥーブルフロマージュ (Double Fromage)」を発売。

ベイクドチーズケーキの上にマスカルポーネを使用したムースを重ねた2層構造のケーキが大ヒットし、「フロマージュ」というフランス語が日本中に知られるきっかけとなりましたね。

 

「チーズケーキ=フロマージュ」という勘違いが生じたのもこの頃からです。

Sponsored Link

 

フランス語でのチーズケーキの呼び名は?

フランス語 チーズケーキ

では、フランス語でのチーズケーキの呼び名もチェックしておきましょう!

「フロマージュ=チーズ」ですので、ケーキを意味する「ガトー(Gâteau)」と組み合わせます。

 

「au(オ)」=「~入りの」という意味の定冠詞の短縮形が入り・・・

チーズケーキ=「Gâteau au fromage(ガトー・オ・フロマージュ)」となります。

 

チョコレートケーキを意味する「Gâteau au chocolat(ガトー・オ・ショコラ)」と文法的には同じですね。

ちなみに、「au(オ)」は「gâteau」の「eau(オ)」と発音が結びついたように聴こえます。

 

そのため、日本では「ガトーフロマージュ」「ガトーショコラ」と表記されることも多いです。

 

ベイクドチーズケーキの呼び名

フランス語 ベイクドチーズケーキ 

フランス語でベイクドチーズケーキは・・・

Gâteau au fromage cuit(ガトー・オ・フロマージュ・キュイ)といいます。

 

「調理する「焼く」「加熱する」を意味する動詞「cuire(キュイール)」の過去分詞形「cuit(キュイ)」を使います。

これで「焼いたチーズケーキ」という意味になります。

Sponsored Link

 

レアチーズケーキの呼び名

フランス語 レアチーズケーキ

レアチーズケーキの場合は・・・

Gâteau au fromage cru(ガトー・オ・フロマージュ・クリュ)といいます。

 

フランス語で「生の」「未加工の」などを意味する形容詞「cru(クリュ)」を使います。

これで「生のチーズケーキ」という意味になります。

とろけるチーズの賞味期限と保存法!期限切れでも食べられる?

スフレチーズケーキの呼び名

フランス語 スフレチーズケーキ

スフレチーズケーキの場合は・・・

Gâteau au fromage soufflé(ガトー・オ・フロマージュ・スーフレイ)といいます。

 

フランス語で「吹く」を意味する動詞「souffler」 の過去分詞形「Soufflé(スーフレイ)」を使います。

スフレはフランス語由来の言葉で、生地にメレンゲを混ぜてフワフワに焼き上げたスイーツなどに使われていますね。

 

また、フランスで「チーズスフレ」という場合、上記の甘いケーキの他、塩味の野菜やお肉、魚介を使ったスフレもあります。

こちらはいずれも・・・Soufflé au fromage(スーフレイ・オ・フロマージュ)となります。

 

ちなみに、スフレチーズケーキは日本発祥といわれています。

Sponsored Link

 

フランス語のフロマージュを使ったお菓子や料理

フランス語 フロマージュ お菓子 料理

フランスはチーズの種類が非常に多く、「チーズ大国」などと呼ばれています。

「カマンベール」「ロックフォール」「サン・ネクテール」「エポワス」「コンテ」「ボーフォール」など、日本でも有名なモノが多数あります。

 

全てフランス語で「フロマージュ(fromage)」の一種になりますが、使用するお菓子や料理を挙げてみますね。

【フロマージュを使うお菓子や料理】

  • チーズタルト=Tarte au fromage(タルト・オ・フロマージュ)
  • チーズリゾット=Risotto au fromage(リゾット・オ・フロマージュ)
  • チーズフォンデュ=fondue au fromage(フォンデュ・オ・フロマージュ)
  • チーズの盛り合わせ=Plateau de fromages(プラトー・デ・フロマージュ)
  • チーズ各種=Fromages frais et affinés(フロマージュ・フレ・エ・アフィネ)

 

チーズ使ったフランスの郷土料理である「グラタン(gratin)」「タルティフレット(Tratiflette)」「アリゴ(Aligot)」「ラクレット(Raclette)」などは有名ですよね。

必ずしもフランス語の「フロマージュ(fromage)」を使う訳ではなく、特有の名称で呼ばれているケースがほとんどです。

 

タルトやリゾットのように他の食材でも作れる場合には、「フロマージュ(fromage)」と限定する必要があります。

また、イタリア語の「ピッツァ(pizza)」はアメリカ経由で全世界に広まったため、フランスをはじめ欧米諸国では英語読みの「ピザ(pizza)」を使っています。

Sponsored Link

 

世界でのチーズの呼び名は?

世界 チーズ 呼び名

「フロマージュ(fromage)」と「チーズケーキ(cheesecake)」の違いはハッキリしましたね。

この際、世界でのチーズの呼び名も整理しておきましょう!

 

言語圏 チーズの呼び名
英語 cheese(チーズ)
日本語 乾酪(かんらく)、チーズ
中国語(地域差あり) 奶酪(ナァィラァォ)、芝士(チースィ)、乳酪(ルゥーラァォ)、起司(チースー)、干酪(ガァンラァォ)
韓国語 치즈(チジュ)
ドイツ語 Käse(ケーゼ)
フランス語 fromage(フロマージュ)
イタリア語 formaggio(フォルマッジョ)
スペイン語 queso(ケソ)
ポルトガル語 queijo(ケイジョ)
オランダ語 kaas(カース)
ロシア語 сыр(スゥイル)

※中国語は、地域によって7種類の方言がありますので、チーズの呼び名も様々なものがあります。

 

チーズといえばイタリアというイメージも強いですよね。

フランスより約1000年ほど歴史も古く、「紀元前1000年頃」には誕生していたという説もあります。

 

モッツァレラチーズやゴルゴンゾーラも人気ですし、formaggio(フォルマッジョ)という言葉も覚えておきたいですね!

チーズの発祥は紀元前3000~4000年頃の中近東だとする説が有力視されていますが、真相はハッキリしていないようです。

Sponsored Link

 

フロマージュとチーズケーキの違い!フランス語での呼び名は?のまとめ

「フロマージュ(fromage)」はフランス語でチーズそのものを表す言葉でした。

チーズケーキの一種と思われている方も多いため、しっかり違いを把握できて良かったですね。

 

日本では欧州文化への憧れもあり、過去にも様々な洋菓子が大人気となりました。

「ティラミス(イタリア)」、「モンブラン、マカロン(フランス)、「バウムクーヘン(ドイツ)」、「ザッハートルテ(オーストリア)」「ワップル(ベルギー)」もほんの一部に過ぎません。

 

お菓子の名前から語学を学ぶ人も増えましたので、国際交流にもメリットとなりましたね。

では、「Gâteau au fromage(ガトー・オ・フロマージュ)」でも食べながら、一服してくださいね!