不成就日とは?2019年カレンダー!大安や天赦日と重なったら?

2019年9月20日吉日・凶日


選日の1つとされる「不成就日」という日をご存知でしょうか?

あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、旧暦の月切りの選日法によって定められています。

 

その日の持つ意味をご存知の方は、2019年のカレンダーも気になるかと思います。

そもそも不成就日とは、江戸時代に作られ民間によって広められた日とされており、大安や天赦日、一粒万倍日などのような吉日ではありません。

 

俗に「やってはいけないこと」も多いとされていますが、吉日と重なった時はどうすべきかも気になりますよね…。

そこで、今回は不成就日の意味と2019年の日程、過ごし方の注意事項を中心に詳しくご紹介します。

Sponsored Link

 

不成就日とはどういう意味を持つ日?

不成就日(ふじょうじゅび、ふじょうじゅにち)とは、文字通り「何事も成就しない日」を意味します。

何事も成就しない日と聞くと、何だか不吉な日というイメージは拭えませんよね…。

 

もう少し具体的に見ておきましょう。

 

選日の1つで何をやっても凶とされる日!

不成就日に行う出来事は、全てにおいて成就・達成しない日とされています。

つまり、1日中「凶の状態」が続く日ですね。

 

不成就日 意味

 

縁起を担ぐ人や商売をしている人ならご存知かもしれませんが、六曜の仏滅よりもっと悪い日という印象が強いようです。

カレンダーの一部には不成就日が記載されていることもあります。

Sponsored Link

 

やってはいけないとされていることは?

では、一般的にやってはいけないとされていることは、どのようなものでしょうか…。

といっても、文字通りすべてのイベント・行事はNGとされています。

 

入籍、結婚、引っ越し、家の購入、地鎮祭、上棟、納車、赤ちゃんの命名など、家や家族にまつわること。

新店舗のオープン、移転、ビジネス上の契約など、仕事にまつわること。

 

不成就日 やってはいけないこと

 

また、心配されることの1つに、受験の合格祈願などの願い事も挙げられます。

可愛らしいことでいえば、好きな異性への告白なども成就しないとされています。

 

もちろん科学的根拠としては薄いといえますが、敢えて縁起の悪い日に行う必要がなければ回避したいですね。

ただし、やってはいけないことばかりだと雁字搦めになってしまいますので、結局は個人の判断に任されることになります。

Sponsored Link

 

不成就日2019のカレンダー!

2019年の不成就日はいつになるのか、念のため確認しておきましょう。

1ヶ月間にすると3~5日ほど巡ってきます。

 

  • 1月:4日(金) 11日(金) 19日(土) ◎★27日(日)
  • 2月:4日(月) 7日(木) 15日(金) 23日(土)
  • 3月:3日(日) 8日(金) 16日(土) 24日(日)
  • 4月:1日(月) 5日(金) 13日(土) ◎21日(日) 30日(火)
  • 5月:8日(水) 16日(木) 24日(金)
  • 6月:1日(土) 7日(金) 15日(土) 23日(日)
  • 7月:1日(月) ◎8日(月) 16日(火) 24日(水)
  • 8月:3日(土) 11日(日) ◎19日(月) 27日(火) ◎31日(土)
  • 9月:★8日(日) 16日(月) 24日(火) 29日(日)
  • 10月:7日(月) ◎15日(火) 23日(水) 31日(木)
  • 11月:◎8日(火) 16日(土) 24日(日)
  • 12月:1日(日) 9日(月) ◎17日(火) 25日(水) 31日(火)

 

※「赤文字:大安」「◎:一粒万倍日」「★:天赦日」と重なる日です。

吉日と重なる日も多いですが、その際はどうするべきかも気になりますね。

Sponsored Link

 

不成就日と吉日が重なったらどうする?

不成就日を示すカレンダーを見ると、大安、一粒万倍日、天赦日が重なっている日がいくつかありますね。

これらの日は良い日(吉日)と悪い日(凶日)が重なりますが、どちらの効力の方が強くなるのでしょうか…。

 

大安と重なったら?

大安は、六曜(六輝)の中で最も吉日とされている日ですね。

この日に引っ越しや入籍、結婚式を選ぶ人はとても多いと思います。

 

不成就日 大安

 

しかし、不成就日と大安が重なった時は、別の大安の日を選んでイベント事を進めた方が良いとされています。

不成就日が3回しかない月もありますので、他の大安の日を選ぶべきといえそうです。

 

一粒万倍日と重なったら?

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)は、大安よりもご利益のある吉日と考えられます。

「1粒の籾が万倍の稲穂に実る」といわれる有難い吉日ですので、この日に新しいお財布を使い始めたり、新しくお店をオープンすることが多いです。

 

特に金運に恵まれるイメージが強い日ですが、逆に借金をすると万倍になって苦しむという側面を持っています。

 

不成就日 一粒万倍日

 

効力に関しては、吉日と重なると倍増し、凶日と重なると半減すると考えられています。

不成就日と一粒万倍日と重なったら、当然良い効力も半減することになりますので別の日を選択すべきでしょう。

 

一粒万倍日も月に数回は巡ってきますよ!


 

天赦日と重なったら?

最高最強の吉日とされる天赦日(てんしゃび、てんしゃにち)と重なることもありますね。

この日は「天がすべての罪を許す日」とされる大吉日ですが、1年間で見ると5~6日しかありません。

 

「どうしてもこの日にやらなければならない!」というイベントであれば、天赦日を優先するのも1つの方法です。

 

不成就日 天赦日 重なる

 

ただし、不成就と重なる日であれば、その効力は半減する可能性もあります。

最上の吉日と最悪の凶日が重なると考えると、縁起の良さも相殺されるという考え方も強いです。



 

不成就日の過ごし方

では、「不成就日に何ができるの?」とついつい思ってしまいますね。

今では迷信のような話ですが、本当に何もしないことが一番の利益になるような日とされています。

 

普段の過ごし方であれば何ら問題ありません。

 

不成就日 過ごし方

 

気になる方は、入籍、引っ越し、開店、契約などの新しいことの他、大きなイベントには向いていないと考えておきましょう。

お金をたくさん使う旅行やレジャーなども、なるべく別の日にした方が良さそうです。

 

不成就日を初めて知った人だと、「なんて悲惨な日なんだ!」と思うかもしれませんね。

でも、大安、一粒万倍日、天赦日などの良い日もあれば、その反対に何をしても上手く事が運ばない日もあります。

 

2019年だけ意識した過ごし方を試してみて、様子を見るのもよいでしょう。

Sponsored Link