EXIT兼近大樹の父親の趣味はクワガタ?極貧生活の原因だった!

2019年8月27日芸能人・有名人

EXIT 兼近大樹 父親 趣味

2019年に大ブレイクを果たし、チャラ男キャラでネタもトークでも定評のあるお笑いコンビEXIT。

最近では兼近大樹さんの父親がテレビ出演し、趣味のクワガタの話をしたりと家族への注目度も上がっていますよね。

 

このクワガタ愛がぶっ飛び過ぎていて、家族の極貧生活の原因だったという話もありますね。

趣味のためにお金を使い過ぎて、兼近家は食べるものにも困っていたと言いますので、普通は一家から恨まれても仕方がありません。

そこで今回は、EXIT兼近大樹さんの父親の趣味がクワガタで、家族の極貧生活の原因となった話をご紹介しますね!

Sponsored Link

 

EXIT兼近大樹の父親の趣味はクワガタ!

EXIT 兼近大樹 父親 趣味 クワガタ

画像出典:Instagram

2019年8月27日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!夏の激アツ家族大集合SP」に親子で主演するEXITの兼近大樹さんと父親・勇治さん(52)。

どんな話が飛び出すかわかりませんが、この勇治さんの趣味がえげつないと話題になっています。

 

その趣味というのがクワガタですが、これまで3000万円以上も費やしてきたという‟超クワガタマニア”であることがわかっています。

発覚したのは、7月2日放送の日本テレビ系「ウチのガヤがすみません! 2時間SP"延長戦"」でのこと。


TwitterやInstagramでは父親自ら「ニセかねちー」というアカウント名で活動し、勝手に息子のファンと交流を図っているという話が飛び出しました。

しかも、SNSで兼近大樹ファンにDMを送っては「自宅に泊めている」という呆れた噂もあるため、番組内で勇治さんが住んでいる北海道札幌市の自宅を直撃取材することになったのです。

 

しかし、実際に父親が夢中になっていたのは、兼近さんの女性ファンではなく、クワガタであることが判明しました。

ヒラタクワガタ

それもヒラタクワガタのみの幼虫と成虫の飼育や、標本のコレクションなどを趣味としており、そのために自宅以外に2部屋も借りていることを白状することになりました。

 

まあ、クワガタやカブトムシなどの甲虫を趣味で飼育している人は多いですが、父親が毎月30万円以上もかけていた事実を初めて知ったEXITの兼近大樹さんも流石に驚いたでしょうね。

標本や成虫が2000匹、幼虫だけでも1000匹と言いますので、トータル3000匹を管理するために大金を叩いていることになりますし、家賃だけでも結構かかりますからね。

Sponsored Link

 

EXIT兼近大樹の父親の趣味が極貧生活の原因だった!

EXIT 兼近大樹 父親 極貧生活

EXITの兼近大樹さんといえば、幼少期に極貧生活を送っていた話が有名ですよね。

しかし本人は、その原因が父親の趣味であるクワガタに掛かる費用だったことを最近になって初めて知ったようです。

 

兼近家の極貧生活のエピソードには・・・

  • ティッシュにマヨネーズをかけて食べていた
  • 母親が大量のもやしを茹でて、調味料だけで味を変えて楽しむ‟もやしフェスティバル”を開いていた
  • 家に棲み付いたネズミも食べるものがなく、姉がかじられて家出するハメになった
  • ネズミが出没するおかげで、ディズニーランド代が浮いて助かった

などがあり、今ではネタとして明るく話されていますが、当時は大変だったと思います。

 

兼近さんが中3の時には父親が経営していた会社が倒産し、母親とも離婚しています。

母子家庭となってから貧しい生活になったと思われがちですが、決してそうではありません。

 

全ては、お父さんの勇治さんの趣味が原因となり、一家が毎日食べるのにも困難な状況だったようですね。

給料日になるとクワガタに必要なお金を差し引き、あとの残りを生活費として母親に渡していたというのですから、ネットでは本当のダメ親父というレッテルも貼られてしまいましたね。

 

まるで、ビートたけしさんがよくやっている「こんな父親は嫌だ!」に登場しそうなレベルです。

しかも、兼近大樹さんがEXITとして活躍するようになってからも、仕送りをクワガタに使っていたというのですから、呆れてしまいますよね。

でも、番組内でそれを知った兼近さんは怒るような素振りを一切見せなかったことで、「なんてできた息子なの!?」と評価もグンと上がっていますね。

‟鳶が鷹を生む”って、まさしくこのことです。

 

両親の離婚後、兼近さんは大好きだった野球とは無縁の定時制高校に進学し、朝も夜も働いていたようです。

妹さんの高校の学費なども掛かりますし、母親の負担を減らし、生活も立て直さなければならなかったので必死だったのでしょう。

 

結局、父親の趣味であるクワガタが極貧生活を送る原因となっていましたが、今ではそんな勇治さんもSNSを利用して息子を応援する1番のEXITファンになっているようですね。

Sponsored Link

 

EXIT兼近大樹の父親が息子のファンを泊めたのはデマ?

EXIT 兼近大樹 父親 ファンを泊めた

‟ニセかねちー”として息子の活躍を喜んでいる父親の勇治さんですが、かなりのイケメンでチャラ男という噂もありますね。

しかし、兼近大樹さんのファンを自宅に泊めたというのは、やっぱりデマのようです。

 

札幌市の自宅は何にもない殺風景な部屋だそうで、他の2部屋は趣味のクワガタでぎっしりのようです。

もちろん、せっかくEXITで大ブレイクした息子に、これ以上迷惑はかけられませんしね。

 

ただ、過去には気になる発言もしています。

それは5月25日放送のフジテレビ系「さんまのお笑い向上委員会」で・・・

「EXITでラジオをやることが決まった」と兼近が父親に報告すると、父親は「33歳のふりをして出会い系サイトを利用しているんだけど、この話をラジオで使ってくれないか?」と言ってきたそう。

出典:ザ・テレビジョン

 

年齢をごまかして出会い系サイトを利用している点が、何のアピールになっているのかは謎ですが、とてもファンキーな父親というイメージが世間に広まってしまいました。

EXITもまだまだこれから伸びて来るでしょうから、あまり心配させないでほしいですね。

 

ということで、現時点では息子のファンを自宅に泊めたというのは、チャラいお父さんの悪ふざけで完全なデマだと思われます。

兼近大樹さんに関しては、これからも母や姉、妹を含め親子共演も増えていきそうで楽しみですね!

 

まとめ

  • EXITの兼近大樹さんの父親・勇治さんの趣味はクワガタだった
  • 趣味にお金を使い過ぎて、家族は極貧生活を送ることになった
  • 両親が離婚すると兼近さんも定時制高校に行きながら家計を支えていた
  • 父親の勇治さんが息子のファンを自宅に泊めたというのはデマの可能性が高い
  • 今では一番のファンとなり、SNSを通じてEXITを応援している

 

やんちゃなお父さんのせいで、幼少期から苦労してきたEXITの兼近大樹さん。

ただ、二人はテレビで共演するほど仲が良いので安心しましたね!

Sponsored Link

トップ画像出典:Instagram