立夏の候を使う時期はいつ?読み方や意味は?使い方の例文と結び!

2022年6月15日はがき・手紙のマナー

立夏の候 時期 いつ 読み方 意味 例文 結び

手紙などに季節感を与えるために用いられる時候の挨拶に「立夏の候」があります。

夏という言葉が含まれますが、使う時期はいつ頃なのか確認しておきましょう!

 

読み方や意味を理解しておく、相手に失礼にあたるような失敗もありません。

立夏の候の使い方として私的な季節の挨拶やビジネスレターの例文もまとめています。

 

文章等の締めくくりとなる「結びの挨拶」とセットで覚えておくと便利ですよ!

そこで今回は、立夏の候を使う時期はいつ?読み方や意味は?使い方の例文と結び!というテーマでご紹介します。

Sponsored Link

 

立夏の候を使う時期はいつ?

立夏の候 時期 いつ

立夏の候を使う時期は、例年5月5日頃~5月20日頃です。

これは、1年を24等分の季節に分けた二十四節気の「立夏」の期間で、約15日間になります。

 

以下に、旧暦の夏を中心とした二十四節気表をまとめていますので、確認してみましょう!

季節 二十四節気 旧暦月 新暦初日
晩春 5 清明 3月節 4月5日頃
6 穀雨 3月中 4月20日頃
初春 7 立夏 4月節 5月5日頃
8 小満 4月中 5月21日頃
仲夏 9 芒種 5月節 6月6日頃
10 夏至 5月中 6月21日頃
晩夏 11 小暑 6月節 7月7日頃
12 大暑 6月中 7月23日頃

※二十四節気の順番は立春(1番目)を基準としています

二十四節気(旧暦)の夏は「初夏・仲夏・晩夏」の3つ季節に分けられています。

その中で、立夏は初夏の前半にあたり、立春から数えて7番目に巡ってくる節気です。

 

立夏の候を使える時期は、この初夏の前半に限定されています。

次の節気(中気)で5月21日頃の「小満」を迎えると、季節は初夏の後半に移行します。

 

すると、立夏の候を使う時期から外れてしまうため、前日5月20日頃までの使用にとどめます。

二十四節気を含む時候の挨拶は、該当する節気の期間のみ使用可能となっています。

ひとくちメモ
二十四節気は1番目の立春を含む奇数番を「節気」偶数番を「中気」と呼びます。これを交互に繰り返して1年(24の季節)を構成していますが、立夏は7番目で奇数番なので「節気」に含まれます。日付は毎年固定ではないため、その年のカレンダーの暦注などで確認しておきましょう!

Sponsored Link

立夏の候の読み方は?

立夏の候 読み方

立夏の候の読み方は「りっかのこう」です。

漢語調の時候の挨拶は漢字の部分を音読みにすることが多いです。(※一部例外もあります)

 

立夏単体でも訓読みにすることはなく、「りっか」として俳句の初夏の季語になっています。

そもそも二十四節気の1つなので、読み間違いは少ないと思われます。

 

また、「候」は「そうろう」「さぶら(う)」「うかが(う)」「ま(つ)」といった訓読みもありますが、時候の挨拶では音読みで「こう」とします。

立夏の候の意味は?

立夏の候 意味

立夏の候は「暦の上では立夏を迎えましたが…」という意味です。

二十四節気の立夏は「春が極まり夏の気配が立ち込める頃」を表しています。

 

とくに初日は、立春・立秋・立冬と並ぶ「四立(しりゅう)」の1つで、季節の大きな節目です。

この日を境に春が終わり、夏(初夏)がはじまったことを感じさせる1日となっています。

 

期間としての立夏のイメージは・・・

  • 5月ならではの暖かい気候に恵まれる
  • 晴れの日は汗ばむような陽気に包まれる
  • 初夏に入り、紫外線量も増える
  • 樹々や草花が芽吹き、山野の新緑が眩しくなる
  • 若葉の香りが漂う爽やかな南風(薫風)が吹く
  • ブナ科の植物を中心にドングリを形成する
  • 農家は稲作(田植え)の準備で忙しくなる
  • 縁起物で美味しい新茶が出回り始める

などが挙げられます。

例年ゴールデンウーク最終日くらいに迎えますが、その後の気候も安定していますね!

 

立夏の候には「初夏の過ごしやすい気候に恵まれ、自然が新緑に染まる頃」といったニュアンスが含まれています。

また、「候」は暑さ寒さの気候や天候、季節特有の自然現象が見られる頃を意味します。

Sponsored Link

立夏の候の使い方の例文と結び!

立夏の候 例文 結び

では、立夏の候の使い方の例文をご紹介します。

私的な季節の挨拶状とビジネスレターに分けてまとめていますので、結びの挨拶も併せて参考にしてくださいね。

 

漢語調の時候の挨拶の前提として、「立夏の候」「立夏の折(おり)「立夏の砌(みぎり)」のどれを使ってもOKです。

口語調(和文調)の挨拶よりフォーマルな印象で、主に改まった相手に使用される傾向もあります。

私的な季節の挨拶状の例文と結び

【書き出し】

  • 拝啓 立夏の候、○○様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。
  • 拝啓 立夏の候、皆様いよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 謹啓 立夏の候、皆様にはますますご清適のことと拝察し、お慶び申し上げます。
  • 謹啓 立夏の候、ご家族にいよいよご健勝の由大慶に存じます。
  • 恭敬 立夏の候、ご一同様におかれましては益々ご清福の段慶賀の至りに存じます。

 

立夏の候だけで季節感を与えられるため、続いて相手の健康を祝う言葉を入れておきましょう。

「皆様」「皆様には」は「皆様におかれましては」の省略形ですが、問題なく使えます。

チェック!
相手の健康を祝う言葉には「お健やか」「お変わりなく」「ご活躍」「お元気」「ご清祥」「ご清栄」「ご清適」「ご健勝」「ご壮健」「ご勇健」などがあります。「ご勇健」は男性宛限定、「ご壮健」は主に目上の年配者宛に使用します。また、幸福を祝う意味の「ご清福」も便利です。

 

【結び】

  • 季節の変わり目でございます。どうぞお体をおいといください。敬具
  • 汗ばむような陽気が続いております。何卒お身体ご自愛専一にてお過ごしください。敬具
  • 薫風の折、ご家族様の益々のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。敬白
  • 新緑のみぎり、皆様おそろいで初夏の好季節を満喫してください。かしこ
  • 万緑の美しい季節です。ご尊家様にはますますご壮健にてお過ごしくださいますよう、謹んでお願い申し上げます。謹言

 

結びの挨拶にも相手の健康を気遣う言葉を入れておくのがマナーです。

宛名の部分には「○○様」「皆様」「皆々様」「ご家族様」「ご尊家様」「ご一同様」などが使えますよ!

 

また、冒頭の頭語と最後の締めとなる結語の組み合わせは以下の通りです。

頭語 結語
一般的な例 拝啓・拝呈・啓上・啓白 敬具・拝具・敬白・かしこ(女性のみ)
改まった例 謹啓・謹呈・恭敬・粛啓 謹言・謹白・敬具・敬白・頓首・かしこ(女性のみ)

(※同じ行であればどの組み合わせでもOKです)

最もポピュラーな頭語は「拝啓」ですが、「謹啓」「謹呈」などはさらに丁寧な印象を受けます。

ビジネスレターの例文と結び

【書き出し】

  • 拝啓 立夏の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
  • 拝啓 立夏の候、貴社いよいよご発展のことと存じ、お慶び申し上げます。
  • 謹啓 立夏の候、貴社にはますますご隆昌のことと拝察し、お慶び申し上げます。
  • 謹啓 立夏の候、貴店にはいよいよご隆盛のことと承り、慶賀の至りに存じます。
  • 謹呈 立夏の候、貴行におかれましては益々ご盛業の御事、慶祝の至りに存じます。

 

ビジネスレターでは相手の会社の敬語「貴店」を使用します。(※お店は貴店、銀行は貴行)

「~のことと」の代わりに「~の段」「~の由」「~の趣」「~のことと承り」「~の御事」なども便利です。

チェック!
相手の会社の繁栄を祝う言葉には「ご繁栄」「ご発展」「ご隆昌」「ご隆盛」「ご盛業」「ご盛栄」「ご清栄」などがあります。「ご隆昌」「ご隆盛」は意味合い的にはビジネス向きですが、「ご清栄」は私的な挨拶状にも使えます。

 

【結び】

  • 若葉の折、皆様のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。取り急ぎ、ご挨拶まで。敬具
  • 葉桜のみぎり、貴社ますますのご清栄を社員一同衷心より祈念致します。まずは、書中にてお礼申し上げます。敬白
  • これからも末永くお付き合いを賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。まずは、書中にてお礼かたがたご挨拶まで。拝具
  • 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。略儀ながら、厚く御礼申し上げます。謹言
  • 今後とも倍旧のお引き立てを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。略儀失礼ながら、書中にてご報告申し上げます。謹白

 

結びの挨拶には「相手の会社の繁栄」「今後の支援」を祈願する言葉を入れておきます。

「まずは」「取り急ぎ」「書中にて」「略儀ながら」などを使って締めておくと、より丁寧な印象になります。

チェック!
相手の会社に支援を願う言葉として「お付き合い」「「お引き立て」「お力添え」「ご愛顧」ご厚誼」「ご支援」「ご高配」「ご指導」「ご鞭撻」「ご贔屓」「ご厚意」などがあります。それぞれ多少意味が異なりますが、ビジネスレターでよく使われる表現です。

Sponsored Link

立夏の候を使う時期はいつ?読み方や意味は?使い方の例文と結び!のまとめ

  • 立夏の候を使う時期は、例年5月5日頃~5月20日頃
  • 二十四節気の「立夏」の期間で、約15日間
  • 読み方は「りっかのこう」
  • 意味は「暦の上では立夏を迎えましたが…」
  • 「初夏の過ごしやすい気候に恵まれ、自然が新緑に染まる頃」といったニュアンスを含む
  • 漢語調の時候の挨拶は主に改まった相手に使用される

 

立夏の候は、二十四節気の初夏に使用する時候の挨拶です。

ゴールデンウィーク明けのビジネスレターなどにも活用できますね!