宮沢氷魚の目の色は遺伝なの?色素が薄いアンバーアイでの苦労話も!

2022年4月7日芸能人・有名人

宮沢氷魚 目の色 遺伝 色素 アンバーアイ

2015年以降、モデルや映画で活躍しているイケメン俳優・宮沢氷魚さん

目の色がとても綺麗で話題になっていますが、両親からの遺伝なのでしょうか。

 

瞳の周りにある光彩の色素が薄く見えるため、カラコンという噂もありますよね。

宮沢氷魚さんの目はアンバーアイの可能性が高いですが、意外と苦労話も多いようです。

 

父親の宮沢和史さんの目によく似ているという話もありますよね。

そこで今回は、宮沢氷魚の目の色は遺伝なの?色素が薄いアンバーアイでの苦労話も!というテーマでご紹介します。

Sponsored Link

 

宮沢氷魚の目の色は遺伝なの?

宮沢氷魚 目の色 遺伝

透き通るような綺麗な目の色が特徴的で、男女問わず人気が高い宮沢氷魚さん。

カラコンは一切使用しておらず、両親からの遺伝が大きく影響しているようです。

 

容姿端麗なのはもちろんですが、画像を見るだけで吸い込まれそうな美しい目をしています。

宮沢氷魚さんといえば、父は元THE BOOMのボーカル・宮沢和史さん、母は光岡ディオンさんという二世タレントとしても有名ですね。

 

まずは両親の目の色と比較して、遺伝の有無を確認してみましょう!

父・宮沢和史の目の色と比較!

宮沢氷魚 目の色 遺伝 父 宮沢和史

※THE BOOM時代の宮沢和史さん

まず宮沢氷魚さんの父・宮沢和史さんですが、若い頃から目の色に特徴のある芸能人でした。

画像を見る限り、光彩が日本人に多いダークブラウンより明るい色をしているのがわかりますよね。

 

顔立ちも宮沢氷魚さんによく似ていることから、父親からの遺伝の影響は大きいようです。

日本に限ったお話をすると、目の色素が薄い人は九州や沖縄に多いといわれています。

 

宮沢和史さんといえば沖縄音楽の「島唄」が大ヒットしましたので納得でしたが…

実は沖縄出身ではなく、山梨県甲府市出身だったことが判明!

 

ということは、宮沢氷魚さんの父方の祖父母による遺伝の可能性も出てきました。

NHK「舞い上がれ!」出演の永作博美の旦那の画像とプロフィール!

母・光岡ディオンの目の色と比較!

宮沢氷魚 目の色 遺伝 母 光岡ディオン

次に、宮沢氷魚さんの母・光岡ディオンさんの目の色もチェックしてみましょう!

光岡さんは母親がアメリカ人のハーフですが、日本人に近いダークブラウンに見えますよね。

 

若い頃の画像を見ると・・・

宮沢氷魚 目の色 遺伝 母 光岡ディオン

よりハーフらしく、現在より明るい目に見えなくもありません。(※画像が古くてぼやけていますが)

宮沢氷魚さんは日本人の父とアメリカ人ハーフの間に生まれていますので、クォーターになります。

宮沢氷魚 目の色

光岡ディオンさんからの遺伝もあると思いますが、どちらかといえば目の色は父親譲りという印象が強いですね。

瞳の周囲にある直径約1cmの光彩は、生まれた時が最も薄く、育った環境により濃くなる傾向があります。

 

メラニン色素の蓄積具合により個人差もありますが、宮沢氷魚さんの両親と比較すると遺伝の影響も強いと思われます。

宮沢氷魚の母・光岡ディオンとはどんな人?若い頃の画像が可愛過ぎる!

Sponsored Link

宮沢氷魚は目の色素が薄いアンバーアイ?

宮沢氷魚 目の色素 薄い アンバーアイ 

個人的な見解では、宮沢氷魚さんは目の色素が薄いアンバーアイの可能性が高いと思っています。

「琥珀色」と呼ばれることもありますが、黄色いアンバー色素と茶色が混ざったような目の色のことです。

 

宮沢氷魚 目の色素 薄い アンバーアイ 

日本人でもライトブラウン(薄茶色)の目をした人はいますが、もっと黄色が強く出ている印象です。

また、宮沢氷魚さんはヘーゼルアイの可能性も残されていると思います。

 

ヘーゼルアイとはヘーゼルナッツの色に由来しますが、光の加減により目の色にグリーンが混じっているように見えます。

実際にはブルー・グリーン・イエローの色素で構成され、アンバーアイ同様、日本人には珍しい色です。

宮沢氷魚 アンバーアイ

※アンバー系のカラコン(光の加減で微妙に色が変化します)
  • 宮沢氷魚さんがクォーターであること
  • 目の色素が薄いこと
  • 光彩にグリーンが強く現れていないこと

などを考慮すると、最も特徴がマッチしているのがアンバーアイだと思います。

ヘーゼルアイを持つ日本人芸能人一覧!

Sponsored Link

宮沢氷魚は目の色のせいで苦労話もある!

宮沢氷魚 目の色 苦労話

茶髪も生まれつきで、目の色も透き通るように美しいと絶賛されている宮沢氷魚さん。

184cmの高身長や父親譲りの端整なマスクも相まって、男性ファンとしては羨ましい限りですよね。

 

ただ、目の色素が薄いことはメリットばかりではなく、デメリットもあるようです。

過去に宮沢氷魚さんが語っていた苦労話も興味深いですよ!

眩しくてサングラスが欠かせない!

宮沢氷魚 目の色素が薄い サングラス

宮沢氷魚さんは目の色素が薄いせいもあり、眩しくてサングラスが欠かせないそうです。

外国人が愛用しているイメージも強いですが、紫外線から目を保護する貴重なアイテムとなっています。

 

光が目の光彩を通過する量もダークブラウンより多いため、晴れの日はとても眩しく感じるようですね!

海外では室内照明も日本より暗いといわれていますので、目の色で苦労することもありますよ。

宮沢氷魚 目の色素が薄い サングラス

宮沢氷魚さんは「MEN’S NON-NO」の専属モデルですが、サングラス姿もウリの1つとされていますね。

目の色素が薄いことはメリットでもありデメリットでもありますが、上手く活かせれば万事OK!

 

ただ、サングラスを着用せずに眩しい状態が続くと、角膜炎などの原因に繋がるといわれています。

炎天下でのロケなどは注意してほしいですね!

 

ちなみに、芸能界入りが決まって宮沢氷魚さんが初めて買ったのはRAY-BANの折りたたみサングラスだそうです。

朝ドラ「ちむどんどん」ヒロイン・黒島結菜の大学中退理由とは?

イジメを受けた経験も!

宮沢氷魚 目の色素が薄い イジメ

幼少期から東京のインターナショナルスクールに通っていたという宮沢氷魚さん。

実は、幼い頃に目の色素が薄いことでイジメを受けた経験があるそうです。

 

思慮分別のある大人とは異なり、子供は容姿が違うと異質と見なして攻撃する傾向がありますからね。

おそらく幼稚園時代だと思いますが、宮沢氷魚さんは外国人扱いとしてイジメを受けていたようです。

 

もしかしたら、その影響でインターナショナルスクールに通うことになったのかもしれません。

大人になってしまえば目の色が違うのは個性や長所になりますが、子供時代は残酷な話をよく聞きますよね。

宮沢氷魚 目の色素が薄い イジメ

また、宮沢氷魚さんは高校卒業後はカリフォルニア大学サンタクルーズ校に進学されていますが…

今度は日本人というだけで、アジア人に向けた差別も経験されています。

 

幼い頃のイジメは完全になくすことは難しいですが、人種差別だけはやめて欲しいですね!

現在は目の色素が薄いことも大きなメリットになっていますので、芸能界入りして本当によかったと思います。

Sponsored Link

まとめ

宮沢氷魚さんの目の色はとても綺麗で、視聴者を惹き付ける魅力がありますよね。

日本人特有の欧米人への憧れなのかもしれませんが、エキゾチックな風貌で人気も高まっています。

 

二世タレントのレッテルを貼られる日が来るかもしれませんが、今後もモデルやテレビ、映画で活躍してほしいです。

2022年4月11日スタートのNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」では、ヒロインの幼馴染み役を演じます。

 

放送開始が待ちきれませんが、黒島結菜さんとの絡みも気になりますね!

黒島結菜の実家は沖縄県糸満市のどこ?サトウキビ農家で家族構成は?