節分2021は2月2日で124年ぶり!由来は中国?するべきことは?

行事・カレンダー

節分 2021 2月2日

季節の節目として豆まきをして鬼を退治したり、恵方巻を食べたりする習慣のある「節分」。

毎年2月3日と記憶している人も多いようですが、2021年はとても珍しく2月2日に巡ってきます。

 

実に124年ぶりの出来事ですので、「スペシャルな1日」といっても過言ではありません。

もともと暦の中には、節分や立春のように太陽の動きが深く関係しているものがあり、日付が固定していない行事や祝日なども多いですね。

 

日本では全国各地で様々なイベントなども行われていますが、その由来は中国から伝わったとされています。

「厄払いの儀式」としても有名な節分の日にするべきことなども整理しておきましょう!

Sponsored Link

 

節分2021は2月2日で124年ぶり!

節分 2021

上記カレンダーで確認すると、確かに2021年の節分は2月2日(火)となっています。

ということは、当然「立春」は翌2月3日(水)になるわけですが、何となくピンと来ないという人も多いと思います。

 

それもそのはずで、1985年~2020年までの36年間に渡り、必ず節分は2月3日に巡ってきていたのです。

2月2日になるのは1897年以来124年ぶりのことで、日本では明治30年以来の出来事となります。

 

1世紀以上前の話にさかのぼっても、現在を生きる日本人の誰もが経験したことがありませんので、違和感があって当然ですよね。

ちなみに1984年の節分は2月4日でしたので、2021年の日付とは2日もズレていることになります。

 

「2日もズレるなんて不思議!」という人も多いと思いますが、その理由は下記にご説明しますね!

その前に、「節分とは一体何なのか」を知っておく必要がありますので、先にご紹介しておきます。

Sponsored Link

 

そもそも節分は1年に4回ある!

節分 1年 4回

節分とは、暦上の四季の節目となる「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日のことを意味する雑節のことです。

つまり、1年に4回は巡ってくることになります。

雑節とは?

太陰太陽暦(旧暦)の時代、二十四節気や五節句の他に設けられた「季節の移り変わりを的確に読むための特別な日」を指しています。

主なものに「彼岸」「八十八夜」「入梅」「土用」「二百十日」などが挙げられますが、1年の雑節は9つあります。

 

2021年の春夏秋冬の節分をまとめると、以下の通りになります。

2021年の節分 日付
立春の前日 2月2日(火)
立夏の前日 5月4日(火)
立秋の前日 8月6日(金)
立冬の前日 11月6日(土)

 

元々は季節の節目には邪気が出現するといわれていましたが、今ではほとんどの「邪気払い」の行事も衰退してますよね。

ただし、寒い時期には特に邪気が強くなると考えられて来たため、「節分」といえば「2月上旬のみ」というのが一般的になっており、日本各地で豆まきの行事などが行われています。

 

立春は60日ほど続く「寒」の時期が終わり、「寒の明け」とも呼ばれています。

その前日の節分に「邪気を払い、厄を落とす」「福を呼び込む」という狙いがあり、今でも重要視される1日として残っていますね。

Sponsored Link

 

2021年の節分が2月2日になる理由は?

節分 2021 2月2日 理由

2021年の節分は124年ぶりに2月2日になりますが、それには「太陽年」や「閏年」の存在が大きく関与しています。

まず1年は365日と考えられていますが、実際には「およそ365.242189日」になります。

 

これを「太陽年」と呼びますが、もっとわかりやすくいうと「365日+6時間弱」という計算になります。

4年経過すれば「6時間弱×4=24時間弱」余ることになりますので、4年に1度閏年を設けて季節にズレが生じないように調節しています。

 

ただ、4年間の余剰分が「ちょうど24時間ではない」というのが曲者で、現時点では24時間より若干短い時間を調節しているに過ぎません。

これにより閏年が巡る度に節分の日付は早まることになりますので、近年まで2月3日だったものが長い年月を経て、2021年になって2月2日に早まる時期に来たといえます。

閏年

「今後はもっと節分が早くなるのでは?」と思われがちですが、実は閏年には季節のズレを極限まで防ぐための、ある工夫が施されているのです。

ローマ教皇グレゴリウス13世は、それまでのユリウス暦での「閏年の加え過ぎ」を正すため、以下の条件を設定しています。

 

グレゴリオ暦・閏年の条件
原則として4年に1回の閏年の内、西暦年が100で割り切れても400で割り切れない年に当たった場合、平年と見なし2月29日を加えない

 

わかり辛いと思いますので、現在から比較的近い該当年を例に出しますね!

西暦2000年は400で割り切れますので閏年でしたが、1900年や2100年は400で割り切れませんので例外的に平年扱いになります。

 

つまり、現在のグレゴリオ暦では閏年は400年間に97回しかありませんので、長い年月で見ると節分の日付が極端に変わることもありません。

季節のズレを抑えようと緻密に計算されているのですが、それでも宇宙や天体が動いている以上、全て把握して毎年同じ日に節分を迎えるというのは困難な話です。

 

現在の「太陽年」は、長い年月をかけて地球の自転軸が少しずつ傾く変動(歳差運動)により、徐々に短くなっている傾向にあるようです。

しかも、歳差はあくまで予測で割り出されているため、今後も地球の公転周期は微妙にズレていくことになりそうですね!
 

 

1900~2100年の節分の日付!

節分1900年~2100年

2021年までの節分の日付変動の理由はお話ししましたが、2022年以降の未来のお話もしておきましょう。

「過去も併せて知りたい!」という方のために、1900~2100年までの日付を下記にまとめてみました。

 

【節分日付表の見方】

  • 見やすいように2月2日 2月3日 2月4日 と色分けをしています
  • 閏年には◎を、例外的に平年扱いになる年には×の表示があります
  • 2021年以降、特に表の後半は予測という表現が相応しくなります。

 

西暦 節分の日付 閏年
1900年 2月3日 ×
1901年 2月3日
1902年 2月4日
1903年 2月4日
1904年 2月4日
1905年 2月3日
1906年 2月4日
1907年 2月4日
1908年 2月4日
1909年 2月3日
1910年 2月4日
1911年 2月4日
1912年 2月4日
1913年 2月3日
1914年 2月4日
1915年 2月4日
1916年 2月4日
1917年 2月3日
1918年 2月4日
1919年 2月4日
1920年 2月4日
1921年 2月3日
1922年 2月3日
1923年 2月4日
1924年 2月4日
1925年 2月3日
1926年 2月3日
1927年 2月4日
1928年 2月4日
1929年 2月3日
1930年 2月3日
1931年 2月4日
1932年 2月4日
1933年 2月3日
1934年 2月3日
1935年 2月4日
1936年 2月4日
1937年 2月3日
1938年 2月3日
1939年 2月4日
1940年 2月4日
1941年 2月3日
1942年 2月3日
1943年 2月4日
1944年 2月4日
1945年 2月3日
1946年 2月3日
1947年 2月4日
1948年 2月4日
1949年 2月3日
1950年 2月3日
1951年 2月4日
1952年 2月4日
1953年 2月3日
1954年 2月3日
1955年 2月3日
1956年 2月4日
1957年 2月3日
1958年 2月3日
1959年 2月3日
1960年 2月4日
1961年 2月3日
1962年 2月3日
1963年 2月3日
1964年 2月4日
1965年 2月3日
1966年 2月3日
1967年 2月3日
1968年 2月4日
1969年 2月3日
1970年 2月3日
1971年 2月3日
1972年 2月4日
1973年 2月3日
1974年 2月3日
1975年 2月3日
1976年 2月4日
1977年 2月3日
1978年 2月3日
1979年 2月3日
1980年 2月4日
1981年 2月3日
1982年 2月3日
1983年 2月3日
1984年 2月4日
1985年 2月3日
1986年 2月3日
1987年 2月3日
1988年 2月3日
1989年 2月3日
1990年 2月3日
1991年 2月3日
1992年 2月3日
1993年 2月3日
1994年 2月3日
1995年 2月3日
1996年 2月3日
1997年 2月3日
1998年 2月3日
1999年 2月3日
2000年 2月3日
2001年 2月3日
2002年 2月3日
2003年 2月3日
2004年 2月3日
2005年 2月3日
2006年 2月3日
2007年 2月3日
2008年 2月3日
2009年 2月3日
2010年 2月3日
2011年 2月3日
2012年 2月3日
2013年 2月3日
2014年 2月3日
2015年 2月3日
2016年 2月3日
2017年 2月3日
2018年 2月3日
2019年 2月3日
2020年 2月3日
2021年 2月2日
2022年 2月3日
2023年 2月3日
2024年 2月3日
2025年 2月2日
2026年 2月3日
2027年 2月3日
2028年 2月3日
2029年 2月2日
2030年 2月3日
2031年 2月3日
2032年 2月3日
2033年 2月2日
2034年 2月3日
2035年 2月3日
2036年 2月3日
2037年 2月2日
2038年 2月3日
2039年 2月3日
2040年 2月3日
2041年 2月2日
2042年 2月3日
2043年 2月3日
2044年 2月3日
2045年 2月2日
2046年 2月3日
2047年 2月3日
2048年 2月3日
2049年 2月2日
2050年 2月3日
2051年 2月3日
2052年 2月3日
2053年 2月2日
2054年 2月3日
2055年 2月3日
2056年 2月3日
2057年 2月2日
2058年 2月2日
2059年 2月3日
2060年 2月3日
2061年 2月2日
2062年 2月2日
2063年 2月3日
2064年 2月3日
2065年 2月2日
2066年 2月2日
2067年 2月3日
2068年 2月3日
2069年 2月2日
2070年 2月2日
2071年 2月3日
2072年 2月3日
2073年 2月2日
2074年 2月2日
2075年 2月3日
2076年 2月3日
2077年 2月2日
2078年 2月2日
2079年 2月3日
2080年 2月3日
2081年 2月2日
2082年 2月2日
2083年 2月3日
2084年 2月3日
2085年 2月2日
2086年 2月2日
2087年 2月3日
2088年 2月3日
2089年 2月2日
2090年 2月2日
2091年 2月2日
2092年 2月3日
2093年 2月2日
2094年 2月2日
2095年 2月2日
2096年 2月3日
2097年 2月2日
2098年 2月2日
2099年 2月2日
2100年 2月3日 ×

1900年が閏年ではなかったことをきっかけに、節分の日付が2月4日になることが段々減っているのがわかりますよね。

21世紀後半になると、2月2日になることが多くなっています。

 

2021年、私たちは124年ぶりに節分の日付が2月2日になるという経験をすることになりますが、たまたまそういう時代に生きているに過ぎません。

現在のグレゴリオ暦では2100年は閏年に該当しませんので、これをきっかけにまた変動することになるでしょう。

 

ちなみに2104年の節分は、120年ぶりに2月4日になると計算されています。

Sponsored Link

 

節分の由来は中国?

節分 由来 中国

節分は、もともと中国の宮中行事であった「大難(だいな)」と呼ばれる「鬼払いの儀式」に由来するもので、日本に伝わったのは飛鳥時代以前といわれています。

中国では、旧暦の大晦日に「方相氏(ほうそうし)」と呼ばれる神様に扮する人物と、それに従う「侲子(しんし)」に扮する多くの子供たちが皇帝の前で舞を披露していました。

 

舞の内容は、伝説上の異形の鬼神とされる方相氏が鬼を恐れさせるというものでした。

鬼=「疫鬼・魔物・魑魅魍魎の類」を表していますが、皇帝の住む宮中の魔除けや厄払いという意味が込められていたようです。

 

私たちの知っている節分も豆まきなどで鬼を払うのが目的ですので、中国由来の「大難」との意味合いはほぼ同じといえます。

ただし、日本に伝わってから大きく異なる点もあります。

 

日本では、飛鳥時代に主に「追儺(ついな)」と呼ばれる宮中行事の1つとなりましたが、方相氏は天皇や親王をはじめ高貴な役人の葬儀に関わる者でもありました。

平安時代になると、死を穢れとする思想が広まり、なんと方相氏は鬼を払う神から「鬼そのもの」へと没落していったのです。

 

触穢信仰とは恐ろしいもので、今まで崇めていた神さえ悪や穢れとして追い払うべき対象にしてしまいました。

ちなみに日本の追儺では豆まきなどは行われておらず、後に異なる文化が流入して今の節分のスタイルが形成されたようです。

 

鎌倉時代になると宮中行事として追儺は衰退していくことになりますが、江戸時代には節分(豆まき)が普及し、発祥の由来となった中国でも20世紀中頃には行事なども消滅したようですね。

Sponsored Link

 

節分にするべきことは?

節分 するべきこと

2021はスペシャルな1日となる節分ですが、この日にするべきことやおススメの過ごし方をご紹介しておきますね!

有名なものだと下記3つが挙げられます。

【節分にするべきこと】

  • 豆まき(数え年の数だけ煎り豆を食べる)
  • 柊鰯を飾る(鬼を寄せ付けない伝統的な飾り)
  • 恵方巻を食べる(大阪発祥の太巻き寿司を食べる文化)

 

豆まきについては鬼役は必ずしも必要ではありませんので、お父さんが豆まきをしてもOKですよ!

柊鰯は節分に用意する伝統的な鬼除けの飾りですが、「やる・やらない」も含めて呼び名なども地域差があるようです。

柊鰯(ひいらぎいわし)の意味と由来!作り方や飾る場所は?
 

恵方巻はその年の恵方(歳徳神のいる方角)を向いて、太巻き寿司を食べるという風習です。

その歴史は90年ほどと比較的浅いのですが、ネーミングはセブンイレブンが1998年に売り出した際のものです。

Sponsored Link

 

節分にオススメの過ごし方!

節分 オススメ 過ごし方

最後に、節分におススメの過ごし方もご紹介しておきますね!

翌日の立春に向けた準備をしておくことで、開運招福のご利益を得られやすくなりますので参考にしてくださいね。

【節分にオススメの過ごし方】

  • 家の掃除を行う(特に鬼門方向の部屋)
  • 神社参拝で運気を上げる
  • 立春大吉の札を用意する
  • 春財布(張る財布)の準備

 

まず旧暦の大晦日ともいえる節分に家の掃除をすると運気上昇が期待できます。

特に、鬼門方向は縁起が悪いイメージがありますが、綺麗にしておくと金運アップが見込めますので、鬼門方向にある部屋を丁寧に掃除すると良いですね!

 

神社では「節分会(せちぶんえ)」「節分祭(せつぶんさい)」などと呼ばれていますが、こちらも2月2日に神社参拝をすると運気アップが見込めますよ。

「立春大吉の札」は翌日使用するために用意しておきますが、立春に財布を使い始めると「春財布(張る財布)」の効果も高いです。

 

太陰太陽暦(旧暦)の時代、節分の翌日は1年の始まりでもありましたので、前日の節分の日に「開運招福」の準備を粛々と進めておくのもオススメの過ごし方です。

 

 

節分2021は2月2日で124年ぶり!由来は中国?するべきことは?のまとめ

毎年、当たり前のように2月3日に迎えていた節分ですが、2021年は124年ぶりに2月2日に巡ってきます。

ある意味、歴史的な1日でもありますので、過ごし方なども工夫をすると例年より運気上昇も期待できそうですね。

 

21世紀後半は特に2日になることが増えますが、それも閏年の有無により節分の日付自体に変化をもたらします。

現在多くの国で採用されている「グレゴリオ暦」の法則なども、豆知識として覚えておくと良さそうです。

 

現在では冬と春を分ける日のみを表すようになった節分ですが、特に寒い時期には鬼や魔物が出現しやすいといわれており、しっかりと魔除け・厄除けをしておきたいですね。

由来となった中国では今は衰退した文化ですが、これからは日本独自の文化として後世に伝えていくことも大切ですね!

Sponsored Link