滝沢秀明がジャニー喜多川に寵愛された理由!養子縁組の噂の真相は?

2019年7月19日芸能人・有名人

滝沢秀明 ジャニー喜多川 寵愛 養子縁組

7月9日、ジャニーズ事務所の元社長ジャニー喜多川さんが87歳で亡くなられました。

死因は解離性脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血とされ、7月12日には約150名の"子供たち”が集まり家族葬が執り行われました。

 

その際、注目を浴びたのが、ジャニー喜多川さんに寵愛を受けていた滝沢秀明さんです。

遺影を持って霊柩車の助手席に座っていたことから、すでに養子縁組をしていたのではないかと噂されています。

 

通常であれば親族が座るべきということで様々な憶測が飛び交い、莫大な遺産を相続するのではないかという話も出ているほどです。

そこで今回は、滝沢秀明がジャニー喜多川に寵愛された理由と養子縁組の噂の真相に迫りたいと思います。

Sponsored Link

 

滝沢秀明がジャニー喜多川に寵愛された理由とは?

2018年を持って芸能活動から引退し、後進の指導などの裏方に回っていた滝沢秀明さん。

2019年にはジャニーズ傘下の株式会社ジャニーズアイランドの代表取締役社長に就任し、新人の発掘、若手の育成、プロデュース業に尽力されているようです。

 

ジャニー喜多川さんも会長に就任して全面的にバックアップしていたことからも、その寵愛ぶりがうかがえました。

13歳でオーディションの合格した時から目をかけられていた存在だったようですが、滝沢秀明さんが寵愛された理由は他にも様々あるようです。

 

もともとジャニー喜多川さんといえば、KinKi Kidsの堂本光一さんを「最高傑作」と呼んでいたことは有名ですが、2人とも舞台を中心に活動していたことも理由の1つだったのかもしれません。

また、甘いマスクの王子様タイプであることも2人の共通点かもしれませんね。

 

では、滝沢秀明さんが寵愛され続けた理由をもっと深堀りしていきましょう。

Sponsored Link

 

滝沢秀明の生い立ちも関係している?

ジャニーズ事務所のタレントさんにとって芸能界の父でもあったジャニー喜多川さんですが、滝沢秀明さんの生い立ちを知り、13歳の入所の頃から本当の父親以上の寵愛ぶりを見せています。

 

若い頃から面倒見の良かったジャニー喜多川さんは、両親の離婚から始まった滝沢一家の極貧生活を知っていたはずです。

母親と祖母、兄、姉とともに5人で暮らしていた時は、文房具や洋服を買うお金もなく、食べるものにも困っていたといわれています。

 

お姉さんが堂本光一さんのファンになったことをきっかけに、滝沢秀明さん自身も憧れてジャニーズのオーディションを受けたとされていますよね。

ですが、本心は「早く働かなければ今の生活から抜け出せない」と思っていたようです。

 

オーディションを行ったジャニー喜多川さんは、綺麗な顔立ちの少年が強い意志を持って臨んで来ているのをひしひしと感じていたようです。

合格後は堂本光一さんと同様の寵愛ぶりの理由となってもおかしくありませんね。

 

合宿所で生活し始めた滝沢秀明さんは14~15歳頃にはメキメキと頭角を現し、強いリーダーシップでJr.黄金期を支えることになります。

芸能会の父であるジャニー喜多川さんの期待に応えたい一心で精力的に活動していたため、「小さいジャニーさん」と呼ばれながらJr関連のテレビ番組のMCを務めるなど出世も早かったですね。

Sponsored Link

 

ジャニー喜多川が同性愛者だったことも理由の1つ?

日本のマスコミの間ではタブー視されていましたが、あの週刊文春がジャニー喜多川さんが同姓愛者であることを記事にしたことがありました。

具体的には「年少愛」といって、成人男性と思春期の男子の恋愛を表す言葉があり、滝沢秀明さんも性の相手として例外ではなかったかもしれません。

 

ジャニーズJr.の中でも一際目立って綺麗な顔立ちをしていただけに、ジャニー喜多川さんの寵愛を受ける理由の1つとも考えられます。

プラトニックな問題ならまだしも、必ずしもそうとばかりも言えない問題でしたので、被害を受けたジャニーズ事務所のタレントさんも口を閉ざしてしまっているようです。

 

週刊文春を相手に名誉毀損で訴えたジャニー喜多川さんですが、最終的には裁判所が同性愛行為を認定したため、それ以降、この話題に触れられることはなくなりました。

滝沢秀明さんと恋愛関係にあったとは考えにくいですが、とりわけ寵愛を受ける理由としてはあり得る話だと思われます。

 

近藤正彦や東山紀之が後継者から離脱したため?

ジャニー喜多川さんは新人発掘に自負があり、第三者の意見に耳を傾けることはありませんでした。

プロデューサーとしても一代限りと考えていた節がありましたが、そこに「後継者」と呼べる滝沢秀明さんが同じ道を選んでくれたことで、考え方が大きく変わったのではないでしょうか。

 

実は寵愛を受けるまでには至らなくても、ある程度の後継者候補は過去にもいたのです。

ジャニーズ事務所のトップである近藤正彦さんも当然その1人で、後輩からの信頼も厚い人物です。

 

しかし、カーレースにのめり込んでからは芸能活動から距離を置くようになったため、後継者候補から離脱してしまったのです。

そこにすい星のように現れたのが少年隊の東山紀之さんでした。

 

こちらも誰からも好まれるキャラの持ち主で後輩の面倒見もよく、ジャニー喜多川さんも「将来はヒガシが事務所を背負って行く」という構想もあったようです。

ただ、藤島ジュリー景子さんとの政略結婚が失敗に終わり、ジュリーさんが一般男性と結婚したことで、幹部候補から離脱することになってしまいました。

 

結局、13歳から可愛がっていた滝沢秀明さんがプロディース業に興味を持ち、芸能活動から身を引いたことでジャニー喜多川さんの寵愛ぶりがより顕著に表れる理由になったようです。

Sponsored Link

 

滝沢秀明がジャニー喜多川に寵愛されていた証拠は?

2018年、滝沢秀明さんが突然芸能界から引退されて、寂しい想いをされたファンの方も多かったのではないでしょうか。

確かにテレビで見る機会もほとんど無くなる訳ですから、当然の話ですよね。

 

ただ、ジャニー喜多川さんにとっては最高に嬉しい出来事だったようで、その時の下記のコメントは本当に寵愛されていた確かな証拠と言えますね。

今般、滝沢秀明がタレントとしての経験と知識を生かし、「ジャニーズJr.たちの育成で、ジャニーさんを手伝いたい。」と言ってくれた時、私は驚きと共に嬉しくて涙がこぼれそうでした。このような決断をしてくれた滝沢には心より感謝しています。

出典:Johnny&Associates

 

普通であれば、「まだまだ芸能界で活躍できるよ!」と言ってあげるべきかもしれません。

ただ、これは完全に後継者候補として名乗りを挙げたとも取れる滝沢秀明さんの精一杯の意思表明でしたので、ジャニー喜多川さんの長年の苦労が報われた出来事だったようですね。

 

あとは「喜多川一家 VS 滝沢秀明」とならないことを祈るばかりです。

Sponsored Link

 

滝沢秀明とジャニー喜多川は養子縁組してたの?

滝沢秀明 ジャニー喜多川 養子縁組

12日の家族葬では、出棺の際に霊柩車の助手席に乗っていたのは滝沢秀明さんでしたね。

ジャニー喜多川さんの葬儀にあたる訳ですから、姉のメリーさんは高齢で難しいにしても、姪の藤島ジュリー景子さんが乗っていてもおかしくはありませんでした。

 

少なくとも親族が乗るべきところでしたので、滝沢秀明さんとジャニー喜多川さんが養子縁組してたんじゃないかという噂が流れてしまいましたね。

根も葉もないこととは言い難く、今のところ真相はわかっていません。

 

ただ、家族葬が行われた東京・渋谷のMTBビルは、滝沢秀明さんが社長を務めている株式会社ジャニーズアイランドが入っているビルです。

ジャニー喜多川さんの"子供たち”による家族葬ですから、その代表として霊柩車に乗ったのだと思われますが、仮に養子縁組していたとなると話が大きく変わってきます。

 

芸能関係者の調べによると、ジャニー喜多川さんの個人資産は300億とも500億ともいわれており、莫大な金額を滝沢秀明さんに相続させる書面(遺書)を残しているとも噂されています。

養子縁組をしているとなれば当然の権利となってきますので、喜多川一家との諍いを回避するために本当に遺書が残されているのかもしれません。

 

アメリカでショービジネスを学んだ経歴からも、自分の死後、変な諍いが起きないように用意している可能性はあります。

タレントを‟子供”と呼んでいたジャニー喜多川さんだけに、その子供たちを発掘してスターに育て上げる役割を担う滝沢秀明さんに100億残しても不思議ではないようです。

 

ただし、ジャニーズ本体は藤島ジュリー景子さんが動かしていくことになると思われますので、その点はしばらく揺るぎそうにありませんね。

養子縁組の話はさておき、株式会社ジャニーズアイランドはあくまで子会社の1つに過ぎないことを知っておかなければいけません。


 

ネットの反応は?

では、ネットの反応を見てみましょう。

ジャニー喜多川さんが亡くなって元SMAPの問題もできてきていますので、言及している人もいますね。

 

結局、メリーさんも、ジュリーさんもほとんど表に出ることなく、ジャニーズの新体制は報道による噂レベルです。

滝沢秀明さんとジャニー喜多川さんの美談をぶち壊すことのないよう、お願いしたいものですね。

 

まとめ

  • 滝沢秀明さんはジャニー喜多川さんに別格の寵愛を受けていた
  • 滝沢秀明さんの生い立ちや美少年ぶり、リーダーシップからも納得できる
  • ジャニー喜多川さんが同性愛者であることも関与していた可能性も
  • 近藤真彦さんや東山紀之さんらが後継者候補から外れたことも大きい
  • 2人が養子縁組していたことは今のところ断言できない
  • 遺書が残されており、滝沢秀明さんが莫大な金額を相続する可能性はある

ジャニーズ事務所の次期社長は滝沢秀明さんが相応しいという声が多くてビックリしました。

確かに元SMAPの3人の仕事状況などを見ると、明らかに何かがおかしいですよね。
今後も残ったタレントさんのジャニーズ離れが心配されますね。

「滝沢の乱」とか期待している人も多いのではないでしょうか…。

Sponsored Link

 

トップ画像出典:Twitter