立冬の候を使う時期はいつ?読み方や意味は?使い方の例文の結び!

2022年5月16日はがき・手紙のマナー

立冬の候 時期 いつ 読み方 意味 例文

立冬の候とは、手紙などに季節感を出すために用いられる時候の挨拶の1つです。

ただ、使う時期はいつ頃なのかがか曖昧で、意外と悩みがちですよね。

 

読み方や意味を理解しておけば、相手に対して失礼になるような失敗もないでしょう!

また、立冬の候の使い方として季節の挨拶状やビジネスレターの例文もまとめています。

 

結びの文章で苦労する人も多いので、ぜひ参考にしてくださいね。

そこで今回は、立冬の候を使う時期はいつ?読み方や意味は?使い方の例文の結び!というテーマでご紹介します!

Sponsored Link

 

立冬の候を使う時期はいつ?

立冬の候 時期 いつ
立冬の候を使う時期は、例年11月7日頃~11月21日頃の約15日間です。

1年を24等分の季節に分けた二十四節気の19番目「立冬」の期間に使用する時候の挨拶になります。

二十四節気 初日
初冬 立冬 11月7日頃
小雪 11月22日頃
仲冬 大雪 12月7日頃
冬至 12月22日頃
晩冬 小寒 1月5日頃
大寒 1月20日頃

上記グラフの通り、旧暦時代の冬は節気を2つずつ組み合わせて「初冬・仲冬・晩冬」に分けられていました。

その内、初冬の前半に当たる節気が「立冬」になります。

 

11月22日頃の「小雪」を迎えると季節が移り変わり、立冬の候を使う時期から外れてしまいます。

二十四節気を使った時候の挨拶は、該当する節気(中気)の間のみ使用することができます。

チェック!
二十四節気は天文学によって決まるため、毎年日付が同じとは限りません。その年のカレンダーなどで節気を確認しておきましょう!

Sponsored Link

 

立冬の候の読み方は?

立冬の候 読み方

立冬の候の読み方は「りっとうのこう」です。

「○○の候」のように主に四文字で構成される漢語調の時候の挨拶は、例外を除き音読みにします。

 

そもそも「立冬」は、二十四節気の19番目に巡ってくる節気の1つなのでわかりやすいと思います。

立冬単体でも訓読みにすることはなく、そのまま俳句の冬の季語に使われていますね!

 

また、「候」は「そうろう」「さぶら(う)」「うかが(う)」「ま(つ)」といった訓読みもありますが、音読みで「こう」とします。

立冬の候の意味は?

立冬の候 意味

立冬の候は「暦の上では立冬を迎えましたが…」という意味です。

二十四節気の「立冬」は「秋が極まり冬の気配が立ち始める頃」を表しています。

 

旧暦表現で「晩秋」から「初冬」に移り変わる節気でもあるため・・・

立冬の候は「今年もとうとう冬に入りました」というニュアンスを含む時候の挨拶です。

 

「候」は暑さ寒さなどの気候や、四季特有の自然現象が見られる頃を意味する言葉です。

また、「○○の候」といった漢語調の時候の挨拶は、主に改まった相手への手紙などに使用されています。

 

「○○の季節になりましたが」という口語調(和文調)より丁寧で、フォーマルな印象を受けますね!

チェック!
漢語調の時候の挨拶は「○○の候」「○○の折(おり)」「○○の砌(みぎり)」の3種類のうち、どれを使っても問題ありません。

Sponsored Link

立冬の候の使い方の例文!

立冬の候 使い方 例文

では、立冬の候を使った例文をご紹介します。

お世話になっている方への季節の挨拶状や、ビジネスレターの2種類に分けてまとめています。

 

文書の最後を締める「結びの文章」も重要度は高いので、ぜひチェックしてくださいね!

季節の挨拶状の例文

  • 拝啓 立冬の候、朝晩は冷えるようになりましたが、皆様お元気でお過ごしのことと存じます
  • 拝呈 小雪の候、皆様いよいよご清祥のこととお喜び申し上げます。
  • 拝白 小雪の候、○○様にはますますご健勝のことと拝察し、お慶び申し上げます。
  • 謹啓 小雪の候、ご家族様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 恭敬 小雪の候、ご家族様におかれましてはに益々ご清福の段、大慶の至りに存じます。

 

漢語調のメリットとして、立冬の候だけで季節感をかもし出すことができます。

そのため、無理に冬らしい言葉を使う必要はなく、続けて相手の健康を気遣う・喜ぶ文章にします。

 

また、「皆様」「皆様には」という省略形より、「皆様におかれましては」の方がより丁寧な印象を受けます。

冒頭の頭語と手紙の最後を締めくくる結語の組み合わせは以下の通りです。

頭語 結語
一般的な例 拝啓・拝呈・拝白・啓上 敬具・拝具・敬白・かしこ(女性のみ)
改まった例 謹啓・謹呈・粛啓・恭敬 謹言・謹白・敬具・敬白・頓首

(※同じ行であればどの組み合わせでもOKです)

最もポピュラーで使いやすい頭語は「拝啓」ですが、「謹啓」「謹呈」「恭敬」などはにさらに改まった印象が強いです。

相手との関係性などを考慮した上で、上手に使い分けてくださいね!

チェック!
相手の健康を喜ぶ言葉には「ご清祥」「ご健勝」「ご壮健」「ご清栄」「ご勇健」「ご清適」などがあります。「ご壮健」は「いつまでもお達者で」という意味があり、若い世代の相手には使用しません。また、相手の幸福を祝う言葉「ご清福」なども使えます。

ビジネスレターの例文

  • 拝啓 向寒の候、貴社ますますご隆昌のことと喜び申し上げます。
  • 拝呈 向寒の候、貴社ますますご清栄のことと存じ、お慶び申し上げます。
  • 謹啓 向寒の候、貴社いよいよご盛栄の由大慶に存じます。
  • 粛啓 向寒の候、貴社におかれましては益々ご隆盛のこととお喜び申し上げます。
  • 恭敬 向寒の候、貴社におかれましては益々ご隆盛のことと拝察し、お慶び申し上げます。

 

ビジネスレターでは、相手の会社を表す敬語「貴社」を使います。(※会話では御社を使用)

取引先の個人であれば「○○様」を使っても問題ありません。

チェック!
相手の会社の繁栄を喜ぶ言葉には「ご発展」「ご隆昌」「ご隆盛」「ご盛栄」「ご清栄」などがあります。とくに「ご清栄」はビジネス以外の個人宛の手紙でも利用できて便利です。

結びの例文

【季節の挨拶状などの結び】

  • 季節の変わり目です。なにとぞお体ご自愛くださいませ。敬具
  • 日増しに寒さが増しております。皆様くれぐれもご清祥にてご活躍ください。敬白
  • 朝夕の冷え込みが厳しくなってきました。お風邪など引かれませんようご注意ください。拝具
  • 霜寒のみぎり、本格的な冬の到来に向けて、なにとぞお身体をおいといください。かしこ
  • 向寒の折から、皆様のご健康とご活躍を心よりお祈り申し上げます。謹白

 

結びの文章にも相手の健康を気遣う言葉を入れておきましょう!

立冬の候以外の漢語調の時候の挨拶を入れると、簡潔で改まった文章を作りやすいですね。

 

【ビジネスレターの結び】

  • 末筆ながら、貴社いよいよのご盛栄を心よりお祈り申し上げます。敬具
  • まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。敬白
  • まずは略儀ながら書中をもちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます。拝具
  • 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。謹言
  • 向寒のみぎり、今後とも変わらぬお力添えをくださいますよう、お願い申し上げます。謹白

ビジネスレターの結びには「相手の会社の繁栄」「今後のご愛顧」を祈願する言葉を入れておきましょう!

会社宛にする際は女性用の結語「かしこ」は使用できませんので、ご注意くださいね。

チェック!
「末筆ながら」=「最後になりますが」、「略儀ながら」=「本来お伺いすべきところですが」という意味です。

Sponsored Link

立冬の候を使う時期はいつ?読み方や意味は?使い方の例文の結び!のまとめ

  • 立冬の候を使う時期は例年11月7日頃~11月21日頃
  • 二十四節気の「立冬」に当たる約15日間
  • 読み方は「りっとうのこう」
  • 意味は「暦の上では立冬を迎えましたが…」
  • 「今年もとうとう冬に入りました」というニュアンスを含む

 

立冬の候を使う時期、その年の二十四節気を確認するとすぐにわかります。

真冬の寒さに近づく頃なので、お世話になった方へ健康を気遣う手紙を出すのもオススメですよ!