2022年の春と秋のお彼岸はいつからいつまで?連休やすることは?

2022年1月17日お彼岸

2022年 お彼岸 いつから いつまで

1年に2回、春と秋に巡ってくるお彼岸は、先祖供養の期間として有名ですよね。

2022年はいつからいつまでなのか、気になる人も多いと思います。

 

春と秋で絡んでくる祝日も異なりますが、連休があるのかも期待してしまいますよね。

それぞれカレンダーをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

「そもそもお彼岸とは?」「どんなことをするのか?」という疑問も解消しておきましょう!

そこで今回は、2022年の春と秋のお彼岸はいつからいつまで?連休やすることは?というテーマで詳しくご紹介します。

Sponsored Link

 

2022年の春のお彼岸はいつからいつまで?

2022年 春のお彼岸 いつから いつまで

※2022年・春のお彼岸カレンダー

2022年(令和4年)の春のお彼岸は、3月18日(金)~24日(木)となっています。

春分の日を「中日(ちゅうにち)」とし、その前後3日間を合わせた合計7日間です。

 

期間内の各呼び名の詳細は以下の通りです。

  • 3月18日(金):彼岸入り(初日)
  • 3月20日(月):中日
  • 3月24日(木):彼岸明け(最終日)

 

尚、日付変動型の祝日「春分の日」を必ず中日とするため、年によって春のお彼岸にあたる期間の日付も異なってきます。

春のお彼岸に関する連休は?

2022年は春のお彼岸に絡む連休もありますよ!

土日がお休みの人は、以下の3連休となります。

  • 3月19日(土)
  • 3月20日(日)
  • 3月21日(祝日:春分の日)

 

家族でお墓参りに行ったり、行楽地に遊びに行くのもよいでしょう。

Sponsored Link

2022年の秋のお彼岸はいつからいつまで?

2022年 秋のお彼岸 いつから いつまで

※2022年・秋のお彼岸カレンダー

2022年(令和4年)の秋のお彼岸は、9月20日(火)~26日(月)となっています。

秋分の日を中日とし、前後3日間を合わせた合計7日間です。

 

日程の詳細は以下の通りです。

  • 9月20日(火):彼岸入り(初日)
  • 9月23日(金):中日
  • 9月26日(月):彼岸明け(最終日)

 

春同様、日付変動型の祝日「秋分の日」を必ず中日とするため、年によって秋のお彼岸にあたる期間の日付も異なってきます。

秋のお彼岸に関する連休は?

秋のお彼岸といえば、最大5連休となるシルバーウィークを期待してしまいますよね。

2022年の場合、以下の3連休のみとなります。

  • 9月23日(祝日:秋分の日)
  • 9月24日(土)
  • 9月25日(日)

 

ただし、ほぼ1週間前にも以下の3連休がありますよ!

  • 9月17日(土)
  • 9月18日(日)
  • 9月19日(祝日:敬老の日)=ハッピーマンデー

 

シルバーウィークとは行きませんが、秋のお彼岸の頃は休暇も増えて嬉しいですね!

Sponsored Link

そもそもお彼岸とは?

お彼岸とは

そもそもお彼岸とは、日本古来の祖霊信仰に仏教が融合して定着した「先祖供養の期間」です。

現在では春と秋に巡ってくる重要な仏教行事の1つとなり、お墓参りをする習慣もありますよね。

 

特にお彼岸の中日である「春分の日」と「秋分の日」は、太陽が真東から昇り真西に沈む日として有名ですよね。

太陽が真西に沈む頃は、遥か西(西方十万億土)にある阿弥陀如来の浄土「極楽浄土」へのゲートが開き、祖先の霊と通じやすくなると信じられてきました。

 

言い換えると「あの世とこの世が近くなる」という考え方です。

お盆とは異なり、ご先祖様の霊が帰って来られるわけではありませんが、感謝を伝え供養をするに相応しい期間がお彼岸です。

 

1つ注意したいのは、「彼岸」が持つ本来の意味とは多少異なって定着している点です。

もう少し詳しく見ていきましょう!

彼岸の意味

「彼岸」という言葉は、サンスクリット語の「パーラミター」に由来する仏教用語の1つです。

そのまま音写され「波羅三多(はらみた)」となりましたが、もともとは「完成」「完全なる習得」などを意味します。

 

波羅三多といえば、仏教の経典「般若心経(般若波羅蜜多心経)」にも登場する有名な言葉ですね。

転じて、悟りの境地とされる「彼岸(あの世)」に到達し、輪廻転生からの完全なる解放(涅槃)を表しています。

 

一方、私たちが生きている煩悩に満ちた世界を「此岸(しがん)=この世」と呼び、死後の世界と区別されています。

本来、お彼岸の中日を先祖供養の日とし、あとの6日は6種の徳目(修行)を1日1つずつこなすことで、自分自身も死後「涅槃へ旅立つことを願う」という意味があります。

お彼岸にすることは?

お彼岸 すること

最後に、お彼岸にすることをまとめてご紹介します。

春と秋で大きく異なることはなく、以下の通り先祖供養がメインとなります。

【お墓参り】

  • お墓の掃除
  • 仏花・お水・お線香・ロウソク
  • 牡丹餅(春)・お萩(秋)・その他の和菓子
  • 故人が好きだった食べ物など

※食べ物は持ち帰るようにする

 

【彼岸会への参加】

  • お布施が必要

※お墓のあるお寺で行われます

 

【仏壇の整理とお供え】

  • 仏壇・仏具の掃除や整頓
  • ご飯・お水(お茶)・仏花・果物・落雁・お線香などは普段通り
  • 牡丹餅(春)・お萩(秋)
  • 親族などからのお供え物

※お彼岸の場合、仏壇のお供えなどは基本的に普段通りです

Sponsored Link

2022年の春と秋のお彼岸はいつからいつまで?連休やすることは?のまとめ

  • 2022年の春のお彼岸は3月18日(金)~24日(木)
  • 秋のお彼岸は9月20日(火)~26日(月)
  • 春は3月19日(土)・20(日)・21日(月:春分の日)の3連休がある
  • 秋は9月23日(金:秋分の日)・24日(土)・25日(日)の3連休がある
  • お彼岸とは一般的に先祖供養を行う期間
  • 期間内にすることはお墓参りや彼岸会がメインで、仏壇はほぼ普段通り

1年2回のお彼岸は日本独自の仏教行事です。

私たちが今を生きているのもご先祖様のおかげですので、期間内にお墓参りをして喜んでいただきましょう!

お彼岸

Posted by sonoko0620