古川愛梨のプロフィールや身長体重は?中学と進学先の高校や彼氏は?

2020年3月15日スポーツ

古川愛梨 プロフィール 身長 体重 中学 進学先

3月15日(日)放送のフジテレビ系「ミライモンスター」にバレーボール選手の古川愛梨(ふるかわあいり)さんが登場します。

初めての密着となりますが、プロフィールや身長体重などが気になったという方も多いのではないでしょうか?

 

オリンピック有望選手に選ばれているため、現在通っている中学や進学先の高校についても注目されそうですね。

年頃の女の子ですので、彼氏の存在についても調査してみました。

 

そこで今回は、古川愛梨のプロフィールや身長体重は?中学と進学先の高校や彼氏は?というテーマで詳しくご紹介します!

Sponsored Link

 

古川愛梨のプロフィール

 

まずは古川愛梨さんのプロフィールから見ていきましょう!

将来は日の丸を背負って戦うバレーボール選手となることが期待される逸材ですので、今後も目が離せませんね。

【古川愛梨(ふるかわあいり)】

  • 出身地:鹿児島県
  • 生年月日:2005年3月15日
  • 年齢:15歳 ※2020年3月現在
  • 身長:183cm
  • 体重:非公開
  • 所属:姶良市立加治木中学校女子バレーボール部
  • 活動開始時期:小学3年生

 

今後の活躍が期待される古川愛梨さんですが、プロフィールを見ると小学3年生からバレーボールを始めたことがわかります。

以降7年間、血の滲むような努力を重ね、中学トップレベルの実力を身に付けています。

 

では、その片鱗を見て行きましょう!

 

中学2年でJVA・JOCカップ受賞

バレーボールで数々の実績を残してきた古川愛梨さん。

中学2年の時に「全国都道府県対抗中学大会」に出場し、JVA・JOCカップ(最優秀選手賞)を受賞しています。

 

大会概要は、各都道府県で選抜された選手でチームを構成し、中学バレーボール日本一を決定します

特別ルールとして、各チーム170cm以上の長身選手を3名以上選出し、常時2名以上を出場させるという規定があります。

 

大会の目的の1つとして、将来のオリンピック選手の発掘があり、古川愛梨さんも鹿児島県を代表して選ばれました。

その結果、見事JVA・JOCカップという、最も将来に期待できる選手に贈られる賞を受賞しています。

 

古川愛梨さんは今後、バレーボール女子日本代表(火の鳥NIPPON)に選出される可能性も高いですが、過去には以下の有名選手も同賞を受賞しています。

【JVA・JOCカップを受賞した有名選手】

  • 木村沙織(2001年):東レアローズ、ワクフバンクSK(トルコ)
  • 狩野舞子(2002~03年):久光製薬スプリングス、パヴィーア(イタリア)、ベシクタシュ(トルコ)、PFUブルーキャッツ
  • 大竹里歩(2008年):デンソー・エアリービーズ
  • 古賀紗理奈(2011年):NECレッドロケッツ

 

また、古川愛梨さんは「大阪府知事賞」や「オリンピック有望選手」も同時受賞しています。

中学2年生の段階でトリプル受賞を果たし、中学女子バレーボール日本一の選手となりました。

Sponsored Link

 

中学3年でもオリンピック有望選手に!

現在中学3年の古川愛梨さんですが、昨年の大会に引き続き、オリンピック有望選手に選ばれています。

JVA・JOCカップの受賞は逃しましたが、2年連続で選出されるということは高い実力が認められている証拠ですね。

 

こちらも、過去には全日本女子で活躍している有名選手も数多く選ばれています。

【オリンピック有望選手に選ばれた有名選手】

  • 岩坂名奈(2005年):久光製薬スプリングス(現・火の鳥NIPPONキャプテン)
  • 鍋谷友理枝(2008年):デンソー・エアリービーズ
  • 石川真佑(2015年):東レ・アローズ

 

また、2019年4月、古川愛梨さんはJOCからバレーボールの「2019年度オリンピック有望選手」に認定されています。

これは「全国都道府県対抗中学大会」とは別に、中学3年生になったばかりの時点で「オリンピックで活躍が期待できる選手」として認定されるものです。

中学2年生までの古川愛梨さんの実績が高く評価された結果の出来事でした。

 

同世代のライバルは?

では、古川愛梨さんの同世代のライバル達もご紹介しておきます。

いずれも「オリンピック有望選手」に選出された経験がありますが、中学3年でJVA・JOCカップを受賞した東京都の瀧澤凛乃選手は最強のライバルかもしれません。

 

【瀧澤凜乃】

東京都にある八王子実践中学校に在籍し、2019年のJVA・JOCカップと大阪府知事賞、オリンピック有望選手に選出されています。

古川愛梨さんと同じく183cmの長身で、海外遠征を視野に入れた第二次選抜強化合宿にも参加しています。

 

【北窓絢音】

島根県にある松江市立第三中学校に在籍し、2019年にオリンピック有望選手に選出されています。

スパイクの最高到達点が300cmもあることから止めるのが難しい選手で、さらに高いブロックにも定評があります。

 

【飯山エミリ】

鹿児島にある鹿児島市立吉野東中学校に在籍し、2018年(中学2年時)にはオリンピック有望選手に、2019年には優秀選手に選出されています。

同郷の古川愛梨さんとは小学校からの仲良しだそうです。

Sponsored Link

 

古川愛梨の身長体重は?

2020年3月に中学を卒業する古川愛梨さんは、身長183cmと女子にしてはかなり大きく、現時点でもプロで通用しそうなほど恵まれた体格の持ち主です。

2017年時点での成人男性の平均身長が167.6cmですので、15cm以上も高いということになりますね。

 

まだこれから成長することも考えられますし、世界と戦う上で日本女子バレーボール界において貴重な戦力になりそうです。

世界の強豪チームとも渡り合える、ビッグな選手になること間違いなしですね。

 

体重については非公開となっていますが、古川愛梨さんと身長が同じくらいの選手と比較してみました。

堀川真理選手が183cm・70kg、木村沙織選手が185cm・65kg、大竹里歩選手が182cm・68kgとなっています。

 

プロのバレーボール選手よりは筋肉量が少ないと思われますので、体重は60kg前後ではないかと推測されます。

パッと見ただけでは中学生とは思えない、モデルのようなスタイルですね!

Sponsored Link

 

古川愛梨の中学は?

すでに日本女子バレーボール界においてトップクラスの実力を持つ古川愛梨さん。

現在は鹿児島県にある、姶良市立加治木中学校に通っています。

 

公立校で、1981年に加治木中・龍門中・永原中を統合して1981年に新設されました。

  • 所在地:鹿児島県姶良市加治木町反土2162

バレーボール部は男女ともあり、古川愛梨さんは加治木中学校の部活動に所属しています。

県内では強豪校のようで、鹿児島県中学校総体では2018年が5位、2019年は3位という結果に終わっています。

 

ただし、2017年以前は入賞もしていなかったため、指導者がかわったことも考えられますね。

また、古川愛梨さんが入部して2年目から強くなっていることから、その存在の大きさと共に徐々に実力をつけてきたのだと思われます。

 

ちなみに男子バレーボール部も2017年までは入賞していませんでしたが、2018年と2019年の鹿児島県中学校総体で優勝しています。

今後は男女ともに鹿児島県のトップを目指してがんばってほしいですね。

Sponsored Link

 

古川愛梨の進学先の高校は?

オリンピック有望選手に選ばれ、将来は日本を代表する選手になるであろう古川愛梨さん。

進学先の高校はについては公表されていませんが、バレーボール強豪校に入学することが予想されます。

 

地元の鹿児島県に残る場合は、「鹿児島女子高校」という選択肢があります。

2020年の春高バレーに出場するメンバーの中には、加治木中学校出身の選手もいますので可能性としては高いかもしれません。

 

また、古川愛梨さんが九州内で進学先の高校を選ぶとすると、以下の3校が挙げられます。

 

  • 東九州龍谷高校(大分県)

女子では唯一、春高バレーで3連覇を果たし、インターハイでも4度の優勝経験のあるバレーボール強豪校です。

岩坂名奈選手や長岡望悠選手、鍋谷友理枝選手など、日本代表として活躍している選手を輩出しています。

 

  • 九州文化学園高校(長崎県)

こちらも九州では有名なバレーボール強豪校で、史上初の国体3連覇や、春高バレーで2回の優勝経験があります。

過去には全日本やVプレミアリーグで活躍している選手などを輩出しています。

 

  • 熊本信愛女学院高校(熊本県)

春高バレーの優勝経験こそありませんが、最高成績ではベスト4になったこともある強豪校です。

古賀紗理那選手を始め、多くのバレーボール選手を輩出しています。

 

オファーを受けて九州を離れるとすると、以下の東京のバレーボール強豪校に進学する可能性もありますね。

 

  • 下北沢成徳高校(東京都)

古川愛梨さんが憧れているという元全日本エース・木村沙織選手の母校です。

他にも大山加奈選手や荒木絵里香選手、黒後愛選手などを輩出し、高校バレー界が誇る名門校です。

 

  • 八王子実践高校(東京都)

古川愛梨さんのライバル選手として紹介した、八王子実践中学校の瀧澤凜乃さんの進学先となりそうな高校です。

2人でツインタワーとなれば、向かうところ敵なしで全国制覇が期待できそうです。

 

全国には他にも数多くのバレーボール強豪校があり、古川愛梨さんはたくさんのオファーを受けていることが予想されます。

3月15日放送の「ミライモンスター」で、進学先の高校が明らかになるかもしれませんね!

 

ちなみに、どこに行くのかはわかっていませんが、ライバルで同郷の飯山エミリさんとは別の高校に進学するようです。

今後、2人の対決が全国大会で見られるかもしれませんね!

※ミライモンスターの放送内で、下北沢成徳高校に進学されることがわかりました。

 

古川愛梨の彼氏は?

まだ中学3年生という思春期だけに、そろそろ恋愛も楽しみたい年頃でもある古川愛梨さん。

スポーツに集中して取り組んでいるため、それを支えてくれる彼氏がいるのかどうかも気になるところです。

 

調べてみましたが、詳しい情報はありませんでした。

一般人ですので、自身のSNSで公表したりしなければわからないのは当然ですね。

 

現在はバレーボールの練習も忙しいと思いますし、古川愛梨さんには彼氏と遊んでいる時間はないと思われます。

特に注目されている選手ともなると、顧問の先生やコーチからも厳しい目が向けられていそうですよね。

 

もちろん加治木中に好きな男子がいるということは十分にあり得ます。

ミライモンスターで、ちょっとした恋バナなども聞くことができるといいですね。

Sponsored Link

 

古川愛梨のプロフィールや身長体重は?中学と進学先の高校や彼氏は?のまとめ

  • 古川愛梨さんは小学3年からバレーボールを始めた
  • 中学2年でJVA・JOCカップを受賞
  • 中学3年でオリンピック有望選手に選出
  • 同世代のライバルには瀧澤凜乃さん、北窓絢音さん、飯山エミリさんなどがいる
  • 身長は183cm、体重は60kg前後と推測される
  • 鹿児島の姶良市立加治木中学校に通っており、卒業間近
  • 進学先の高校は東京の下北沢成徳高校
  • 彼氏はいないと思われる

 

将来、全日本女子での活躍も期待される古川愛梨さんですが、まずは進学先の下北沢成徳高校でも実績を残してほしいですね。

東京オリンピックには出られませんが、今から注目選手の1人として覚えておきましょう!

 

現時点で公開されている情報は少ないですが、これからは全国的にも認知度が高まり、様々な詳細もわかってきそうです。

火の鳥NIPPONの中心メンバーとして活躍される日が楽しみですね!