石川佳純のオリンピック成績!ロンドン・リオデジャネイロ大会結果!

スポーツ

石川佳純 オリンピック 成績 ロンドン リオデジャネイロ

子どもの頃から「愛ちゃん2世」と騒がれた女子卓球日本代表の石川佳純選手も現在27歳となりました。

東京五輪2020での活躍も期待されますが、過去出場のオリンピックでの成績や全試合結果も気になりますよね!

 

2012年のロンドン大会、2016年のリオデジャネイロ大会でも団体でメダルを獲得しているだけに、東京大会でも注目を浴びる選手の1人です。

ただし、シングルスでは4位入賞が最高成績となるだけに、東京での奮起を期待したいですね。

 

そこで今回は、石川佳純のオリンピック成績!ロンドン・リオデジャネイロ大会結果!というテーマで詳しくご紹介します!

Sponsored Link

 

石川佳純のオリンピック成績・ロンドン大会結果!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sayaka🌸(@silkyblossom)がシェアした投稿

2011年、17歳10ヶ月の若さで全日本卓球選手権大会女子シングルスで初優勝を果たしている石川佳純選手。

約1年半後のロンドン大会でオリンピック初出場を果たし、19歳で世界ランキングも5位まで浮上していました。

 

実績通り、女子シングルス、団体でも日本代表に選出され、日本中のファンが注目しましたね。

では、まずロンドンオリンピックの成績から振り返ってみましょう!

 

女子シングルスの成績

ロンドン大会の女子シングルスでは、石川佳純選手は第4シードとして3回戦から登場しています。

最終成績は4位入賞を果たし、卓球日本人女子選手としてオリンピック過去最高の結果を残しました。

 

勝ち上がりと対戦結果は以下の通りです。

【3回戦】

VS 李嬙冰(Li Qiangbing):オーストリア

★石川佳純 4-2(11-13、10-12、11-7、12-10、11-8、11-5)李嬙冰

 

【4回戦】

VS 李倩(Li Qian):ポーランド

★石川佳純 4-1(11-9、11-5、10-12、14-12、11-6)李倩

 

【準々決勝】

VS 王越古(Wang Yuegu):シンガポール

★石川佳純 4-0(8-11、11-5、11-4、11-8、11-4)王越古

 

【準決勝】

VS 李暁霞(Li Xiaoxia):中国

★李暁霞 4-1(11-5、11-4、11-13、11-6、11-7)石川佳純

 

【3位決定戦】

VS 馮天薇(Feng Tianwei):シンガポール

★馮天薇 4-0(11-9、11-6、11-6、11-5)石川佳純

 

【最終成績】

・4位入賞

 

ちなみに、ロンドンオリンピックの卓球女子シングルス上位入賞者の成績は以下の通りでした。

  • 金メダル:李暁霞(中国)
  • 銀メダル:丁寧(中国)
  • 銅メダル:馮天薇(シンガポール)
  • 4位入賞:石川佳純(日本)
  • 5位入賞:福原愛(日本)

Sponsored Link

 

女子団体の成績

ロンドンオリンピックの日本の卓球女子団体のメンバーは、平野早矢香、福原愛、石川佳純の3選手でした。

最年少の石川佳純選手は実力を遺憾なく発揮し、最終成績の銀メダル獲得に大きく貢献しています。

 

勝ち上がりと対戦結果は以下の通りです

【1回戦】

VS アメリカ :アリエル・シン、リリー・チャン、エリカ・ウー

・第3試合(ダブルス)

★石川佳純&福原愛 3-0(11-7、11-7、11-1) リリー・チャン&エリカ・ウー

(※日本が3-0でアメリカに勝利し、準々決勝進出)

 

【準々決勝】

VS ドイツ:吴佳多(Wu Jiaduo)、イレーネ・イヴァンカン、クリスティン・シルベライセン

・第1試合(シングルス)

★石川佳純 3-2(11-8、8-11、11-7、6-11、13-11)吴佳多

(※日本が3-0でドイツに勝利し、準決勝進出)

 

【準決勝】

VS シンガポール:馮天薇(Feng Tianwei)、王越古(Wang Yuegu)、李佳薇(Li Jiawei)

・第2試合(シングルス)

★石川佳純 3-0(11-5、11-6、11-2)王越古

 

・第3試合(ダブルス)

★石川佳純&平野早矢香 3-0(11-3、13-11、11-4)李佳薇&王越古

(※日本が3-0でシンガポールに勝利し、決勝進出)

 

【決勝】

VS 中国:李暁霞(Li Xiaoxia)、丁寧(Ding Ning)、郭躍(Guo Yue)

・第2試合(シングルス)

★丁寧 3-0(11-4、12-10、11-4)石川佳純

 

・第3試合(ダブルス)

★李暁霞&郭躍 3-0(11-6、11-3、9-11、11-5)石川佳純&平野早矢香

(※日本が0-3で中国に敗北)

 

【最終成績】

・2位(銀メダル獲得)

 

ロンドンオリンピックの卓球女子団体メダル獲得国は以下の通りです。

  • 金メダル:中国
  • 銀メダル:日本
  • 銅メダル:シンガポール

Sponsored Link

 

石川佳純のオリンピック成績・リオデジャネイロ大会結果!

 

この投稿をInstagramで見る

 

あやまる(@kawaw___eee.9)がシェアした投稿

ロンドン大会で活躍した石川佳純選手は、その後も2013年度~2015年度の全日本卓球選手権女子シングルスを3連覇するなど絶好調。

世界ランキングも最高5位まで浮上し、ブラジルのリオデジャネイロオリンピックでもシングルスと団体の両方で日本代表入りしています。

 

団体メンバーは平野早矢香選手に代わり成長著しい伊藤美誠選手が加わり、福原愛選手と3人で金メダルを目指しました。

では早速、リオデジャネイロオリンピックの成績を振り返ってみましょう!

 

女子シングルスの成績

日本のエースとして女子シングルスのメダルも期待されていた石川佳純選手。

リオデジャネイロ大会でも第4シードで3回戦からの登場となりましたが、惜しくも初戦敗退となり、満足の行く成績を残すことはできませんでした。

最終第7セットには右足のふくらはぎの痙攣に襲われましたが、試合後のインタビューでは「プレーに影響が無かった」と語り、潔い姿も印象的でした。

女子シングルスの対戦結果は以下の通りです。

 

【3回戦】

VS キム・ソンイ(KIM Song I):北朝鮮

★キム・ソンイ 4-3(7-11、7-11、11-9、11-9、9-11、11-9、11-8)石川佳純

 

【最終成績】

・3回戦敗退

 

リオデジャネイロオリンピックの卓球女子シングルス上位入賞者の成績は以下の通りでした。

  • 金メダル:丁寧(中国)
  • 銀メダル:李暁霞(中国)
  • 銅メダル:キム・ソンイ(北朝鮮)
  • 4位入賞:福原愛(日本)
  • 5位入賞:鄭怡静(台湾)

Sponsored Link

 

女子団体の成績

シングルスでは惜しくも初戦敗退となりましたが、女子団体では日本のエースとしてチームを牽引した石川佳純選手。

リオデジャネイロオリンピックでも銅メダル獲得という成績を残し、福原愛選手や伊藤美誠さんと共に日本のファンの期待に応えてくれました。

 

女子団体の勝ち上がりと対戦結果は以下の通りです。

 

【1回戦】

VS ポーランド:カタジナ・グジボフスカ、ナタリア・パルティカ、李倩(Li Qian)

・第1試合(シングルス)

★石川佳純 3-0(11-5、11-7、11-6)カタジナ・グジボフスカ

(※日本が3-0でポーランドに勝利し、準々決勝進出)

 

【準々決勝】

VS オーストリア:ソフィア・ポルカノワ、リカンビン、劉佳(Liu Jia)

・第3試合(シングルス)

★石川佳純 3-1(5-11、11-4、11-7、11-7)劉佳

(※日本が3-0でオーストリアに勝利し、準決勝進出)

 

【準決勝】

VS ドイツ:ペトリサ・ソルヤ、單曉娜(Shan Xiaona)、韓瑩(Han Ying)

・第1試合(シングルス)

★石川佳純 3-0(11-2、13-11、14-12)單曉娜

 

・第4試合(シングルス)

★石川佳純 3-2(6-11、9-11、11-6、11-6、11-8)韓瑩

(※日本が2-3でドイツに敗北し、3位決定戦へ)

 

【3位決定戦】

VS シンガポール:于夢雨(Yu Mengyu)、周一涵(ZHOU Yīhan、馮天薇(Feng Tianwei)

・第2試合(シングルス)

★石川佳純 3-0(12-10、11-6、11-7)馮天薇

(※日本が3-1でシンガポールに勝利し、3位が決定)

 

【最終成績】

・3位(銅メダル獲得)

 

リオデジャネイロオリンピックの卓球女子団体のメダル獲得国は以下の通りでした。

  • 金メダル:中国
  • 銀メダル:ドイツ
  • 銅メダル:日本

Sponsored Link

 

石川佳純のオリンピック成績!ロンドン・リオデジャネイロ大会結果!のまとめ

  • 石川佳純選手のロンドンオリンピック出場は19歳の時
  • シングルスで日本人女子過去最高の4位の成績を残した
  • 団体でも勝負強さを発揮し、日本女子初の銀メダルを獲得した
  • リオデジャネイロオリンピックのシングルスでは初戦敗退している
  • 団体ではエースのプライドを見せ、チームを銅メダル獲得に導いた

 

石川佳純選手はリオ五輪のシングルス初戦でまさかの敗退を喫していますが、オリンピックでは安定感抜群の成績を残しています。

特に、団体戦ではシングルス・ダブルスともに、2大会で中国人選手以外に負けたことがありません。

 

2020年の東京オリンピックでは、女子シングルス・団体ともに日本選手をまとめる存在でもあります。

個人としても金メダルを期待したいところですが、日本チームとして伊藤美誠選手、平野美宇選手とともに世界一の称号を勝ち取って欲しいですね!

Sponsored Link