イチロー国民栄誉賞3度目の辞退!理由は政治利用?ネットの反応は?

2019年4月5日スポーツ

イチロー 国民栄誉賞 辞退

3月21日、東京ドームで行われたメジャーリーグ開幕2連戦を最後に引退を発表したイチローさん(45)。

誰もが認めるスーパースターですが、4月4日に国民栄誉賞の受賞を辞退していたことが判明。

 

日本政府は水面下で授与に向けて準備を進めていましたが、イチローさんは3度目の打診も辞退の意向を伝えていたようです。

「理由は明らかになっていない」とのことですが、真相はどうなのでしょうか?

 

「政治利用を回避した」などの憶測が飛び交っていますが、ネットでは他の理由を挙げる声もあります。

そこで、今回はイチローさんの国民栄誉賞辞退の理由やネットの反応についてご紹介します!

Sponsored Link


 

国民栄誉賞とは?

まずは今回イチローさんが辞退した国民栄誉賞についてですが、数々の疑問があると思います。

 

国民栄誉賞が創設されたのは、1977年(昭和52年)のこと。

当時の福田赳夫首相によって創設された「内閣総理大臣表彰」の1つとされています。

 

過去の受賞者は第1号となる王貞治氏(78)をはじめ、26人と1団体。

最近では、平昌オリンピック男子フィギュアスケートで五輪2連覇を果たした羽生結弦選手(24)が受賞しています。

国民栄誉賞

国民栄誉賞設立の目的は下記の通りです。

「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」

引用:Wikipedia

 

また、単に偉業を成しえた人物だけでなく、「歴史を塗り替えるような功績」を果たした人物に与えられるという暗黙の了解があります。

 

例えば、王貞治氏は本塁打756号で世界記録を更新した現役時代に受賞していますよね。

しかし、当時のスーパースター・長嶋茂雄氏(83)は突出した記録はなく、2013年になってようやくその功績が認められ受賞しています。

 

「Qちゃん」の愛称で親しまれ高橋尚子さん(46)はシドニー五輪で日本女子マラソン史上初の金メダルを獲得し、国民栄誉賞を受賞していますね。

ただ、野口みずきさん(40)も翌アテネ五輪で金メダルを獲得しましたが、受賞することはありませんでした。

 

柔道の谷亮子さん(43)、水泳の北島康介さん(36)、体操の内村航平選手(30歳)なども受賞していませんね。

不思議に思われるかもしれませんが、「歴史を塗り替えた」という点がネックになっています。

Sponsored Link

 

イチロー国民栄誉賞3度目の辞退の理由とは?

イチローさんの場合、国民栄誉賞に値する下記のような数々の歴史的な偉業を達成されており、通常なら辞退する理由が見当たりません。

  • MLB新人王・MVP・首位打者・盗塁王・シルバースラッガー賞・ゴールドグラブ賞(2001年)
  • MLBシーズン最多安打記録262本(2004年)
  • MLBオールスターゲームMVP(2007年)
  • MLB10年連続200本安打(2010年)
  • 日米通算4367安打(プロ現役通算安打:ギネス記録保持者)

 

日本人野手としてMLBで活躍されましたが、上記以外にも実はあまり知られていない記録も多く、国民栄誉賞を受賞するに相応しいスーパースターであることは明らかですね。

イチロー 国民栄誉賞 受賞 理由

画像引用:Wikipedia

2度目の打診までは「現役選手である内はいただけない」という理由で辞退されています。

しかし、3度目の理由は曖昧でハッキリしたことは語られていません。

 

ただ、代理人を通じて「人生の幕を下ろした時に頂けるよう励みます」という回答も報じられており、イチローさんの野球人生はまだまだ続くとの決意の表れではないかと言われています。

「生涯野球人であり続けたい」という願いが込められているようですね!

 

将来的な監督の話が出ると「ないない。だって人望がないですから」と答えていたイチローさん。

どんな形であれ、ずっと野球に携わって行かれる強い意志が感じられた国民栄誉賞辞退のニュースでした。

イチロー国民栄誉賞辞退の理由は政治利用回避にある?

マスコミ関係者や私たち一般人の中には、「政治利用を回避する」という理由で辞退されたという見方もあるようです。

もちろんイチローさんが発言されるわけもありませんし、単なる憶測に過ぎません。

 

そもそも国民栄誉賞の設立に当たっては、当時の福田内閣の人気取りという見方が強かったのです。

内閣の支持率が低下した際、王貞治氏に授与することで支持率回復を狙ったとも報じられました。

そういった背景もあり、政治利用という言葉が浮上したようです。

イチローさんが国民栄誉賞を受賞するというハッピーなニュースが流れると、内閣への見方も変わってきますし、嫌な話題からも国民の目を逸らすことができますからね…。

 

4月5日には自民党麻生派の塚田一郎国土交通副大臣が辞任されました。

福岡や山口の道路整備について、「安倍晋三首相や麻生太郎副総理・財務相の意向を忖度した」という発言が問題視されていましたね。

 

このような政府として暗い話題も、イチローさんの話題で国民の批判的な目を背けることができたかもしれませんが、残念ながら実現しませんでしたね!

 

いずれにしても、イチローさんの国民栄誉賞辞退の理由が「政治利用回避のため」はないですね。

Sponsored Link

 

イチロー国民栄誉賞辞退にネットの反応は?

Twitterを中心にネットの反応を見てみましょう!

イチローさんの国民栄誉賞辞退に賛否両論ありますが、政治利用に関する意見も多いですね。

 

個人的には「貰って欲しかった」という意見に賛同しますが、イチローさんの決断に賛同される方が多いみたいです。

最後のツイートの「賞が小さすぎる」というのもうなずけますね!

 

天才イチローらしいという印象もありますが、努力を積み重ねて私たちに夢と希望を与えてくれました。

同じ日本人として誇らしく思えますよね…。

Sponsored Link

 

イチロー国民栄誉賞3度目の辞退!理由は政治利用?ネットの反応は?のまとめ

  • イチローさんの国民賞辞退は今回で3度目
  • 理由は政治利用を回避するためではない
  • 生涯野球人でいたいという決意の表れと思える
  • 生きている間に受賞することはないかもしれない
  • 安倍内閣に悪影響したかは不明

 

記録にも記憶にも残る偉大な野球選手だったイチローさん。

今後の活動などにも注目したいですね!

Sponsored Link