芦田愛菜の父親は三井住友銀行の支店長で頭取候補?学歴は早稲田?

芸能人・有名人

芦田愛菜 父親 三井住友銀行 支店長

令和元年11月、皇居外苑で執り行われた「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」で祝賀メッセージを読み上げ、大きな話題となった芦田愛菜さん。

実は父親が三井住友銀行の支店長を務めており、将来の頭取候補との噂があります。

 

学歴を見ると早稲田大学を卒業したエリートであることも判明し、信ぴょう性の高い情報ではないかと考えられています。

愛菜さんの学力が高い理由もわかる気がしますが、噂の真相を深堀りしてみました。

 

そこで今回は、芦田愛菜の父親は三井住友銀行の支店長で頭取候補?学歴は早稲田?というテーマで詳しくご紹介します!

Sponsored Link

 

芦田愛菜の父親は三井住友銀行の支店長?

 

この投稿をInstagramで見る

 

白田 誠@まことっち(@makoto_hakuta)がシェアした投稿

芦田愛菜さんの父親の職業について詳しく調査した結果、確かに「三井住友銀行」で支店長を務められています。

有名な三井住友フィナンシャルグループを主要株主(100%)に持つ大手の都市銀行で、最近では‟SMBC”の呼称も定着していますよね。

 

三井住友銀行といえば、三菱UFJ銀行、みずほ銀行と並ぶ日本の3大メガバンクのうちの1つです。

支店長を任されるだけでもかなりのエリートだということがわかりますが、芦田愛菜さんの父親は一般人ですので、勤務している支店についての情報は公開されていません。

 

現在のお住まいからの推測にはなりますが、東京の世田谷や目黒、武蔵野あたりの支店に勤務されている可能性が高いようです

この3つの地区は東京都内でも地価ランキングで上位に入り、高級住宅街のある場所ですよね。

もともと三井住友銀行は東京千代田区に本店を置き、店舗数は国内に443支店、海外にも19支店を設置しています。

本店に近い東京勤務で支店長を任されるほどですし、芦田愛菜さんの父親は若い頃から三井住友銀行の中でもトップクラスの成績を残していたのではないかと考えられます。

 

ちなみに母親も一般人で情報は少ないですが、一流大学出身者ということもわかっています。

芦田愛菜さんは1人っ子で現在慶応義塾中等部に通われていることからも、家族揃ってエリートであることがわかるエピソードですね!

Sponsored Link

 

芦田愛菜の父親は三井住友銀行の頭取候補?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ForJoyTV(@forjoytv)がシェアした投稿

東京都内の三井住友銀行の支店長を務めている芦田愛菜さんの父親。

一部では将来の頭取候補との声も挙がっているようです。

 

銀行で頭取といえば、一般の会社では社長ということになりますので、実現すれば凄いことですよね。

芦田愛菜さんの父親は、これまでに三井住友銀行の3つの支店で支店長を務めてきたと言われていますので、将来有望株と言ってよいでしょう!

 

同族経営でなければ、実力で銀行の頭取候補になり得ますので、可能性としては十分ありますよね。

今後、芦田愛菜さんの父親についても、週刊誌などで報道される日が来るかもしれません。

 

ちなみに、一般的に三井住友銀行のようなメガバンクで‟頭取になるための条件”としては以下のようなものがあります。

  • 東京大学や有名私立などの一流大学を卒業している
  • 新卒で入行してから同じ銀行で働き続ける
  • 総合職として入行し、営業などで同期に比べてトップ成績を取り続ける
  • 事務職などで大きなミスなく仕事をこなす能力を持つ
  • 順調に出世を重ねて人事権を持つ役員にアピールする

 

若い頃の営業成績などはわかりませんが、現在支店長を任されている芦田愛菜さんの父親は三井住友銀行一筋だと思われます。

順調に出世を重ねて、役員にアピールできていることは間違いないようですし、頭取候補と騒がれるのもわかる気がしますね。

 

いずれにしても日本3大メガバンクの1つですし、そう簡単に就任できるレベルの話でもありません。

ただ、芦田愛菜さんが幼い頃からテレビで活躍してきた姿を見てきた私たちは、どうしてもお父様のことも期待してしまいますよね。

Sponsored Link

 

芦田愛菜の父親の学歴は早稲田大学卒業!

 

この投稿をInstagramで見る

 

‪うーたん #芦田愛菜 命(@ashida_mana_2004_06_23)がシェアした投稿

ネットで検索すると「芦田愛菜 父親 東大」といったワードが出てきますので、‟東大卒”だと思っている人も多いようですね。

これは間違った情報ですので、最終学歴は「早稲田大学卒業」と覚えておきましょう。

 

頭取になるための条件で「一流大学を卒業すること」も紹介しましたが、芦田愛菜さんの父親はこれも当てはまりますね。

学歴は申し分ありませんので、噂で終わることなく、本当に頭取になる日が来る可能性を残していますね。

 

もちろん父親は一般人ですので、早稲田大学卒業といっても学部や学科は公開されていません。

しかし、新卒で三井住友銀行に入行したとなると、経済学部や商学部、法学部だったのではないかと考えられます。

3つの学部・学科のいずれも偏差値が70近くありますので、スーパーエリートだということがわかります。

芦田愛菜さんが女優業を控えめにしてまで慶應義塾中等部を受験・合格できたのも、両親の熱心な教育があったからでしょう。

 

ちなみに、なぜ父親の母校である早稲田大学付属の学校を選ばなかったのか、気になる方もいるのではないでしょうか。

不思議に思うかもしれませんが、慶應義塾中等部の生徒は、両親のどちらかが東京大学や早稲田大学出身という方が多いそうです。

 

慶應は一流大学出身者からも評価が高いということがわかるデータでした。

芦田愛菜さんが将来、東京大学や早稲田大学に進学する可能性も完全には否定できませんしね!

Sponsored Link

 

芦田愛菜の父親は三井住友銀行の支店長で頭取候補?学歴は早稲田?のまとめ

  • 芦田愛菜さんの父親は三井住友銀行に勤務
  • 世田谷や目黒、武蔵野あたりの支店長と言われている
  • 頭取候補との噂もある
  • 頭取になる条件をいくつも満たしている
  • 芦田愛菜さんの父親の最終学歴は早稲田大学卒業
  • 東大卒という情報は誤り
  • 学部・学科は経済学部や商学部、法学部だと思われる
  • 慶應義塾中等部に入学する生徒の親は東大や早稲田大学出身者が多い

 

芦田愛菜さんの父親は三井住友銀行に勤務しており、3つの支店で支店長を任された経験があることがわかりました。

大手メガバンクに入行するだけでも凄いことですが、出世を重ねていることからもスーパーエリートだということがわかりますね。

 

頭取候補との噂もあるくらいですので、銀行内でもトップクラスで優秀な方なのだと思われます。

芦田愛菜さんが慶應義塾中等部に入学したことで父親も話題になりましたが、親子揃って学力が高いこともわかりました。

 

今後は頭取就任ということもあり得ますので、三井住友銀行の動きにも注目しておきたいですね!

Sponsored Link