クリスマスリースを玄関に飾る意味とは?内側と外側でも同じなの?

クリスマス

クリスマスリース 玄関 意味

毎年12月頃になると、家庭の玄関などに飾られることの多いクリスマスリース。

色彩豊かにクリスマスシーズンの到来を演出し、眺めているだけで幸せな気分になれる定番アイテムですよね。

 

ただ、「玄関に飾る意味って何?」と疑問に思ったことはありませんか?

実は、リースに使用される葉っぱや木の実、リボンなどの装飾品のひとつひとつに、大切な願いが込められています。

 

飾る場所によって意味が異なってくるのかどうかも気になりますよね…。

そこで今回は、クリスマスリースを玄関に飾る意味とは?内側と外側でも同じなの?をテーマに詳しくご紹介します。

Sponsored Link

 

クリスマスリースを玄関に飾る意味とは?

クリスマスリース 玄関 意味

欧米では玄関に飾る風習のあるクリスマスリースですが、実はキリスト教とは関係がないと言われています。

もともとは古代ギリシャで王様や花嫁、勇者などに特別なお祝いとして贈られていました。

 

リースは日本語にすると「花輪・花冠」などという意味になり、「永遠」や「始まりも終わりもない永遠に続く神の愛」などを表すものです。

それがいつからかキリストの生誕祭でも使用されるようになり、クリスマスリースとして飾られるようになりました。

 

必ずしも玄関に飾るという決まりがあるわけではありませんが、クリスマスリースを飾る3つの意味について見ていきましょう。

 

豊作祈願

クリスマスリースを玄関に飾る1つ目の意味は、豊作祈願のためです。

リース自体にりんごやぶどうのツルなどが飾られていますよね。

 

欧米ではりんごやぶどうのツルは「収穫の象徴」とされています。

クリスマスリースに玄関に飾ることで、次の年の豊作を願うという風習があるのです。
クリスマスリース 意味 豊作祈願

また、リースのベースとして使われる植物はモミの木や柊などの常緑樹の葉がほとんどです。

常緑樹とは冬になっても葉が落ちない、一年中緑色をしている木のことです。

 

暑い夏に比べると、冬は寒さの影響で多くの植物が育たなくなります。

寒いクリスマスの時期にも、春や夏、秋にはたくさんの植物が実ってほしいという意味を込めてクリスマスリースは作られているのです。

 

そして、欧米では多くの家庭で玄関に飾られていることで、日本でも同じ文化が普及したようです。

もちろんリビングなどの室内でもOKですが、古い欧米の風習が影響を与えたようですね!

Sponsored Link

 

新年の幸福を願う

続いて、クリスマスリースを玄関に飾る2つ目の意味は、新年の幸福を願うためです。

前述した通り、リースには「始まりも終わりもない永遠に続く神の愛」という意味があります。

 

欧米でのクリスマスは年内で終わるわけではなく、1月6日のエピファニーまでとなっています。
クリスマスリース 玄関 意味 新年の幸福を願うそのため、新年を迎えても玄関にクリスマスリースを飾っている家庭がほとんどです。

来年一年間、神からの愛を受けられるようにという意味を込めて飾られています。日本のお正月に、しめ縄を玄関に飾るのと同じような役割があるんですね。

クリスマスリースを玄関に飾るのはいつからいつまで?

魔除け

クリスマスリースを玄関に飾る3つ目の意味は、‟魔除け”のためです。

日本で節分の時に柊鰯を飾るのと似ていますね。

 

クリスマスリースのベースとして使われているモミの木や柊は常緑樹ですが、豊作祈願だけではなく魔除けの意味もあります。

冬でも葉が落ちない植物は古代から生命力の源とされ、悪いものから身を守ってくれると言われてきました。

 

また、モミの木や柊には殺菌や抗菌の作用があり、玄関に飾っておくには最適です。

この作用が素となり、魔除けとして広まっていきました。
クリスマスリース 玄関 意味 魔除け

クリスマスリースに飾られているベルやリボン、まつぼっくりなどにも同じような効果や意味があると言われています。

 

まずベルは音によって邪悪なものを寄せ付けない効果があると言われています。

日本でも、鈴の音には魔除けの効果があるとされ、神社のお祓いなどでも使われていますよね。

 

また、日本ではあまり知られていませんが、欧米では赤いリボンにも同じパワーがあると信じられています。

クリスマスカラーの1つである赤がポイントになっています。

そして最後にまつぼっくりですが、モミの実の代わりに使われています。

キリストの両親であるマリアとヨセフがユダヤ王から逃げている時、モミの木に身を隠して助かったことから、魔除けの意味があると言われています。

 

モミの実はなかなか手に入らないので、同じマツ科のまつぼっくりが使われるようになったそうです。

このように、クリスマスリースには悪魔を寄せ付けないための様々な工夫が施されています。

 

悪魔が家庭に入ってこないように、玄関に飾る方も多いですよね。

Sponsored Link

 

クリスマスリースを玄関の内側と外側に飾っても意味は同じ?

クリスマスリース 玄関 意味 内側 外側

欧米では古くからクリスマスリースを玄関に飾る風習がありますが、内側と外側のどちらがよいのか気になる人も多いでしょう。

どちらも意味自体は同じですので、魔除けの効果を考慮し、ドアの外側に飾るのが一般的とされています。

 

しかし日本では、宗教的な意味合いを考えて飾っているという人はそれほど多くはありません。

玄関の内側でも外側でも、好きな場所に飾って楽しむのがよいでしょう。

 

持ち家があればいいですが、マンションやアパートだとドアは共有スペースだとされていて、飾ることを禁止されている場合もありますね。

玄関ドアの内側や下駄箱の上など、毎日目に入る場所に飾るとより一層雰囲気が楽しめますよね。

 

もちろん玄関だけではなく、クリスマスツリーのようにリビングに飾るのもよいでしょう。

リビングなら他の小物も一緒に飾れるので、さらにクリスマス気分を盛り上げてくれますね。

Sponsored Link

 

クリスマスリースを玄関に飾る意味についてのまとめ

  • クリスマスリースには「永遠」という意味がある
  • 玄関に飾る意味は「豊作祈願」「新年の幸福を願う」「魔除け」とされている
  • 一年間、神の愛を受けられるようにと願いを込めている
  • ベルやリボン、まつぼっくりには魔除けの意味がある
  • 日本では内側と外側のどちらに飾っても意味は同じ
  • 欧米では玄関の外側に飾るケースが多い

 

欧米ではクリスマスリースは神聖なもので、玄関に飾ることがほとんどです。

リースに使われている素材やアイテムの意味を理解すると、飾る場所も考えたくなりますよね。

 

日本では宗教的な意味合いを考えている人は少ないので、自分の好きなところに飾ってクリスマスの雰囲気を楽しみましょう!

Sponsored Link