晩夏の候を使う時期はいつ?読み方や意味は?使い方の例文と結び!

2022年6月11日はがき・手紙のマナー

晩夏の候 時期 いつ 読み方 意味 例文 結び

晩夏の候とは、手紙などに季節感を与えるために用いられる時候の挨拶の1つです。

文字を見ると夏を連想させますが、使う時期はいつ頃なのか確認しておきましょう!

 

読み方や意味を理解しておくと、相手に失礼にあたるような失敗もありません。

晩夏の候の使い方として私的な季節の挨拶状やビジネスレターの例文もまとめています。

 

文書等で重視される「結びの挨拶」とセットで覚えておくと便利ですよ!

そこで今回は、晩夏の候を使う時期はいつ?読み方や意味は?使い方の例文と結び!というテーマでご紹介します。

Sponsored Link

 

晩夏の候を使う時期はいつ?

晩夏の候 時期 いつ

晩夏の候を使う時期は、例年8月16日頃(旧盆明け)~8月31日が目安となります。

漢語調の時候の挨拶は旧暦(二十四節気)に基づいて使用されるものが多いです。

 

ただし、晩夏の候は現在の新暦(グレゴリオ暦)にのっとり使われています。

以下に旧暦と新暦の夏に関するグラフをまとめていますので、確認してみましょう!

季節(旧暦) 二十四節気(順番) 初日
初夏 7 立夏 5月5日頃
小満 5月21日頃
仲夏 9 芒種 6月6日頃
10 夏至 6月21日頃
晩夏 11 小暑 7月7日頃
12 大暑 7月23日頃
初秋 13 立秋 8月7日頃
14 処暑 8月23日頃

 ※二十四節気の順番は立春(1番目)が基準となります

旧暦の夏は「初夏・仲夏・晩夏」の3つの季節に分けられています。

その中で晩夏にあたるのは、二十四節気の11番目の「小暑」と12番目の「大暑」の期間です。

 

日付にすると例年7月7日頃~8月6日頃となり、8月7日頃の「立秋」を迎えると暦の上では秋に入ります。

しかし、この期間は1年で最も暑い頃を表すため、晩夏の候を使う時期に採用されていません。

季節(新暦)


初夏 6月
仲夏 7月
晩夏 8月
初秋 9月

一方、新暦における夏は「6月・7月・8月」秋は「9月・10月・11月」となっています。

 

あえて旧暦と同じ表現を使うと、晩夏(夏の終盤)にあたるのは8月です。

とくに旧盆明け~8月末は夏の暑さがやや落ち着く頃なので、晩夏の候の使用時期とされています。

 

立秋(旧暦・秋の初日)を過ぎると残暑見舞いを送り合う習慣がありますが…

日付の代わりに「晩夏」を使用できることからも、新暦8月に基づく言葉だとわかります。

Sponsored Link

晩夏の候の読み方は?

晩夏の候 読み方

晩夏の候の読み方は「ばんかのこう」です。

漢語調の時候の挨拶は漢字の部分を音読みにすることが多いです。(※一部例外もあります)

 

晩夏単体でも訓読みにすることはなく、「ばんか」として季節を表す言葉の1つとなっています。

また、「候」は「そうろう」「さぶら(う)」「うかが(う)」「ま(つ)」といった訓読みもありますが、時候の挨拶では音読みで「こう」とします。

晩夏の候の意味は?

晩夏の候 意味

晩夏の候は「今年も夏の終わりを迎えましたが…」という意味です。

そもそも晩夏とは「夏の末(終わり)」を表す言葉なので、そのままという印象です。

 

新暦8月後半も厳しい残暑が続くことも多いですが、イメージとして…

  • 海にクラゲが発生する
  • 赤トンボが見られる
  • 夜はスズムシ、マツムシ、コオロギなどの虫の音が聞こえ始める
  • 蝉の鳴き声が若干落ち着く
  • 稲穂の成長が目立つ
  • 台風の発生が増え始める
  • 子どもたちの夏休みが終わりに近い
  • 楽しかった夏が過ぎ去ろうとしている

など、様々な情景が浮かんできます。

晩夏の候には「夏らしい残暑を感じつつも、少し物淋しさを感じる頃」といったニュアンスも含まれています。

 

また、「候」は暑さ寒さの気候や天候、季節特有の自然現象が見られる頃を意味します。

Sponsored Link

晩夏の候の使い方の例文と結び!

晩夏の候 例文 結び

では、晩夏の候の使い方の例文をご紹介します。

私的な季節の挨拶状とビジネスレターに分けてまとめていますので、結びの挨拶とともに参考にしてくださいね。

 

漢語調の時候の挨拶の前提として「晩夏の候」「晩夏の折(おり)」「晩夏の砌(みぎり」のどれを使ってもOKです。

口語調(和文調)の挨拶よりフォーマルな印象で、主に改まった相手に使用される傾向もあります。

私的な季節の挨拶状の例文と結び!

【書き出し】

  • 拝啓 晩夏の候、○○様にはお元気でお過ごしのことと存じます。
  • 拝呈 晩夏の候、皆様にはご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • 啓上 晩夏の候、皆様にはますますご健勝のことと拝察し、お慶び申し上げます。
  • 謹啓 晩夏の候、ご家族様にはいよいよご壮健の段大慶に存じます。
  • 恭敬 晩夏の候、ご尊家様におかれましては益々ご清福の趣慶祝の至りに存じます。

 

宛名を表す言葉として「○○様」「皆様」「皆々様」「ご一同様」「ご尊家様」などがあります。

「~のことと」の代用には「~の段」「~の由」「~の趣」「~の御事」「~のことと承り」などもオススメです。

チェック!
相手の健康を祝う言葉として「お元気」「お健やか」「ご活躍」「ご清祥」「ご健勝」「ご壮健」「ご清適」「ご清栄」「ご勇健」などがあります。「ご勇健」は男性宛限定、「ご壮健」は主に目上の年配者宛に使用します。また、幸福を祝う意味の「ご清福」も便利です。

 

【結び】

  • 時節柄、夏バテや夏風邪などに十分ご留意くださいませ。敬具
  • 今年の残暑はことのほか厳しいようです。皆様ご自愛専一にてお過ごしください。敬具
  • 朝夕はしのぎやすくなりましたが、御身体大事にお過ごしくださいますよう、お願い申し上げます。敬白
  • 夏休みも残りわずかとなりました。皆様おそろいで楽しくお暮しください。かしこ
  • 処暑のみぎり、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。謹白

 

結びの挨拶には相手の健康を気遣う言葉を入れておきましょう!

その他、「残り少ない夏を楽しんでください」「実り多き秋をお迎えください」などもよいですね。

 

また、冒頭の頭語と最後の締めとなる結語の組み合わせは以下の通りです。

頭語 結語
一般的な例 拝啓・拝呈・啓上・啓白 敬具・拝具・敬白・かしこ(女性のみ)
改まった例 謹啓・謹呈・恭敬・粛啓 謹言・謹白・敬具・敬白・頓首・かしこ(女性のみ)

(※同じ行であればどの組み合わせでもOKです)

最もポピュラーな組み合わせとして「拝啓」+「敬具」でも十分敬意は伝わります。

さらにかしこまった印象にしたい時は、「謹啓」+「敬白」などもオススメです。

ビジネスレターの例文と結び!

【書き出し】

  • 拝啓 晩夏の候、貴社ますますご盛栄こととお慶び申し上げます。
  • 拝呈 晩夏の候、貴社いよいよご隆昌のことと存じ、お慶び申し上げます。
  • 啓上 晩夏の候、貴社にはますますご盛業の段大慶に存じます。
  • 謹啓 晩夏の候、貴店におかれましては益々ご清栄の由慶賀の至りに存じます。
  • 粛啓 晩夏の候、貴店におかれましては益々ご隆盛ことと拝察し、お慶び申し上げます。

 

ビジネスレターでは相手の会社の敬語「貴社」を使用します。(お店は貴店、銀行は貴行)

「お慶び」「お喜び」の代わりに「大慶」「慶賀」「慶祝」なども「○○の至り」などと組み合わせて使えます。

見出しタイトル
相手の会社の繁栄を祝う言葉として「ご発展」「ご繁栄」「ご盛栄」「ご隆昌」「ご盛業」「ご清栄」「ご隆盛」などがあります。「ご清栄」は親戚や知人などにも使えて便利です。「ご隆昌」「ご隆盛」は私的な挨拶状にも使われていますが、意味合い的にはビジネス向きです。

 

【結び】

  • 立秋の折、貴社皆様のご健勝とご活躍を社員一同衷心より祈念致します。取り急ぎ、書中にてお礼申し上げます。敬具
  • 貴社ますますのご隆昌を心よりお祈り申し上げます。末筆ながら、お礼かたがたご挨拶申し上げます。敬白
  • 今後ともより一層のご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。略儀ながら、書中にてご挨拶申し上げます。拝具
  • 今後とも格別のお力添えを賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。誠に略儀ではございますが、ご挨拶まで。謹言
  • これからも末永くご厚誼を賜りますよう、くれぐれもよろしくお願い申し上げます。まずは書中にて感謝申し上げます。謹白

 

結びの挨拶には相手の会社の繁栄今後のご支援を祈願する言葉を入れます。

「まずは」「取り急ぎ」「略儀ながら」「略儀失礼ながら」「末筆ながら」などを使い、丁寧に締めておくのが一般的です。

チェック!
相手の会社に支援を願う言葉には「お付き合い」「お引き立て」「お力添え」「ご支援」「ご厚誼」「ご高配」「ご愛顧」「ご贔屓」「ご指導」「ご鞭撻」「ご厚意」などがあります。それぞれ多少意味が異なりますが、ビジネスレターでよく使われる表現です。

Sponsored Link

晩夏の候を使う時期はいつ?読み方や意味は?使い方の例文と結び!のまとめ

  • 晩夏の候を使う時期は例年8月16日頃(旧盆明け)~8月31日が目安
  • 旧暦ではなく新暦8月後半に使用する
  • 読み方は「ばんかのこう」
  • 意味は「今年も夏の終わりを迎えましたが…」
  • 「夏らしい残暑を感じつつも、少し物淋しさを感じる頃」というニュアンスを含む
  • 漢語調の時候の挨拶は主に改まった相手に使用される

 

晩夏の候は旧暦時代に誕生した二十四節気ではなく、新暦8月を基準に使われています。

まだ残暑厳しいイメージもありますので、季節の挨拶状などにご活用くださいね。