残暑の候とは?読み方や意味、時期は?季節の挨拶状の例文と結び!

2022年5月9日はがき・手紙のマナー

残暑の候とは 読み方 意味 時期 例文

残暑の候とは、季節感を出すために手紙の冒頭文などに用いられる時候の挨拶の1つです。

文字通り「夏の暑さが残る頃」に使用されますが、正確な時期はいつなのか確認しておきたいですね。

 

正しい読み方や意味を理解するとともに、使い方もマスターしておくと便利ですよ!

季節の挨拶状やビジネスレターなどに使える例文や結びの文章もまとめていますので、ぜひ活用してくださいね。

 

そこで今回は、残暑の候とは?読み方や意味、時期は?季節の挨拶状の例文と結び!というテーマで詳しくご紹介します。

Sponsored Link

 

残暑の候とは?

残暑の候とは 読み方 意味

残暑の候とは、主に改まった相手への手紙に利用される漢語調の時候の挨拶の1つです。

「○○の候」「○○の折(おり)」「○○の砌(みぎり)」の3種類のどれを使ってもOKです!

 

「〇〇の季節になりましたが…」といった口語調(和文調)の挨拶を使うこともありますが…

漢語調の時候の挨拶の方が、より丁寧な言い回しという印象を受けます。

 

では早速、残暑の候の読み方や意味から見ていきましょう!

読み方は?

まず、「残暑の候」の読み方は「ざんしょのこう」です。

漢語調の場合、例外を除いて基本的には音読みにします。

 

「残暑」は手紙以外でもよく使われる言葉なので、比較的わかりやすいですね!

「候」は「そうろう」「さぶら(う)」「うかが(う)」「ま(つ)」といった訓読みもあるため、間違いの無いようにご注意くださいね。

意味は?

次に「残暑の候」は、「(暦の上では秋なのに)厳しい暑さが残っていますが…」という意味です。

夏の盛りに使える「酷暑」「猛暑」「極暑」「厳暑」とは異なり、「まだ暑さが残っている」ことを表す表現ですね。

 

夏のピークは過ぎているはずなのに、なかなか涼しくならない頃によく使われています。

候は、季節の区切りや季候を表す言葉で、時候の挨拶では「時節」「時季」「頃」を意味します。

 

わかりにくい場合は「時候」と同義と捉え、四季折々の気候のほか、暑さや寒さを表すと思っておけば問題ありません。

酷暑の候とは?読み方や意味、時期はいつ?季節の挨拶状の例文と結び!

Sponsored Link

残暑の候を使う時期はいつ?

残暑の候 時期

残暑の候を使う時期は、8月7日頃~9月8日頃の約1ヶ月間です。

1年を24等分の季節に分けた二十四節気では、「立秋」と「処暑」を合わせた期間ですね!

 

二十四節気において、秋は6つの節気で構成されています。

以下のグラフの通り、「初秋・仲秋・晩秋」の内、残暑の候は初秋の時期に使う時候の挨拶です。

二十四節気 初日
初秋 立秋 8月7日頃
処暑 8月23日頃
仲秋 白露 9月8日頃
秋分 9月23日頃
晩秋 寒露 10月8日頃
霜降 10月23日頃

※二十四節気は天文学に基づくため、毎年同じ日付とは限りません

8月上旬の立秋の頃はまだ猛暑というイメージも強いですが、暦(旧暦)の上では秋を迎えます。

時候という意味でも「酷暑」「厳暑」などから「残暑」に切り替わります。

 

また、白露(9月8日頃)になると仲秋となって暑さもようやく収まる頃で、「残暑の候」を使う時期から外れてしまいます。

冷夏で使いづらいという場合は、同時期に使える「新涼の候」や、立秋から8月いっぱいまで使える「早涼の候」を使う手もありますね!

初秋の候の読み方と意味!時期はいつ?季節の挨拶状やビジネス例文も!

Sponsored Link

残暑の候を使った季節の挨拶状の例文と結び!

残暑の候 季節の挨拶状 例文 結び

では、残暑の候を使った季節の挨拶状の例文をご紹介します。

とくにビジネスレターでの使用頻度も高いと思います。

 

文章を締めくくる結びの例文も併せてまとめていますので、参考にしてくださいね!

改まった相手に送る時の例文

  • 拝啓 残暑の候、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。
  • 拝啓 残暑の候、皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
  • 拝復 残暑の候、皆様におかれましては益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。
  • 謹啓 残暑の候、ご一同様にはことのほかご壮健の段、大賀の至りに存じます。
  • 謹啓 残暑の候、○○様におかれまして益々ご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。

 

冒頭部の頭語と手紙を締めくくる結語の組み合わせは以下の通りです。

頭語 結語
一般的な例 拝啓・拝復・拝呈・拝白・啓上 敬具・拝具・敬白・かしこ(女性のみ)
改まった例 謹啓・謹呈・粛啓・恭敬 謹言・謹白・敬具・敬白・頓首

(※同じ行であればどの組み合わせでもOKです)

頭語は「拝啓」でも十分ですが、「謹啓」や「謹呈」などの方がより改まった印象になります。

チェック!
書き出しの相手(家族を含む)の健康を喜ぶ文章では「ご清祥」「ご健勝」「ご壮健」「ご盛栄」「ご勇健」などがあります。それぞれ多少意味が異なりますが、いずれも使うことができます。また、「お喜び」「お慶び」のどちらの漢字を使っても問題ありません。

ビジネスレターの例文

  • 拝啓 酷暑の候、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
  • 拝啓 酷暑の候、貴社ますますご清栄のことと存じ、お喜び申し上げます。
  • 拝啓 酷暑の候、貴社ますますご隆昌の段大慶に存じます。
  • 謹啓 酷暑の候、貴社におかれましては益々ご隆盛のこととお喜び申し上げます。
  • 謹啓 酷暑の候、貴社におかれましては益々ご隆盛のことと拝察し、お慶び申し上げます。

 

ビジネスレターでは相手の会社を表す敬語「貴社」を使います。(※会話などでは御社を使用)

チェック!
相手の会社の繁栄を喜ぶ文章では「ご隆昌」「ご清栄」「ご隆盛」「ご盛栄」「大慶」などが使われています。「ご清栄」は個人宛の手紙でも利用できて使い勝手もよいですね!

結びの文章の例文

【季節の挨拶状などの結び】

  • 皆様、どうかお身体ご自愛いただき、本格的な秋をお迎えください。敬具
  • 夏の激務がお身体にこたえていると存じます。どうぞご自愛ください。敬白
  • そろそろ夏の疲れが出やすい時期でございます。体調にご留意いただきご活躍ください。かしこ
  • 早涼のみぎり、くれぐれも無理をなさらず、ご壮健にて暑さを乗り切ってください。謹白
  • 新涼の折、より一層のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。謹言

 

季節の挨拶状などの場合、結びの文章にも相手の健康や活躍を祈願する言葉を入れておきましょう!

結びの文章の最後に、結語を入れることも忘れないようにしてくださいね。

 

【ビジネスレターの結び】

  • 末筆ながら、貴社一層のご発展をお祈り致します。敬具
  • 末筆ながら、貴社のますますのご盛栄を心よりお祈り申し上げます。敬白
  • 略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。拝具
  • まずは略儀ながら書中をもちまして厚く御礼申し上げます。謹白
  • まずは略儀ながら書中をもちまして、お礼かたがたご挨拶申し上げます。謹言

 

「末筆ながら」とは「最後になりましたが」という意味で、取引先の個人宛によく使われています。

「略儀ながら」とは、「本来はお伺いしてお伝えするべきですが」というニュアンスが含まれた表現です。

 

ビジネスレターの場合、書き出しも結びもアレンジが豊富という訳ではありません。

定型文の要素も強くなりがちですが、上手く言葉を組み合わせて不手際のないようにしたいですね!

白露の候を使う時期はいつ?季節の挨拶状の例文も!

Sponsored Link

残暑の候とは?読み方や意味、時期は?季節の挨拶状の例文と結び!のまとめ

  • 残暑の候の読み方は「ざんしょのこう」
  • 意味は「(暦の上では秋なのに)厳しい暑さが残っていますが…」
  • 使う時期は8月7日頃~9月8日頃
  • 二十四節気の立秋と処暑を合わせた期間が目安
  • 冷夏の場合は「新涼の候」「早涼の候」なども使用できる

 

残暑の候は、実質最も暑い時期に使用する時候の挨拶の1つですね。

相手の健康を気遣う季節の挨拶状にもよく使われています。

 

ビジネス文書のほか、お礼状やお詫び状など様々な用途があって使い勝手もよいですね!