ポインセチアの花言葉!色別では?名前の由来やクリスマスとの関係!

2018年9月7日花言葉

ポインセチア 花言葉

クリスマスの時期になると、花屋に並び始めるポインセチア

定番は赤色ですが、最近では様々な色彩のものがありますよね。

 

実は、色別にもそれぞれ花言葉があるのをご存知でしょうか…。

また、なぜクリスマスになるとポインセチアが登場するのか、その関係も知っておきたいですね。

 

もしかしたら、キリストにまつわるエピソードがある花なのかもしれませんね。

そこで、今回はポインセチアの花言葉や名前の由来、クリスマスとの関係を中心にご紹介します!

Sponsored Link

 

ポインセチアの花言葉と由来とは?

クリスマスに縁の深い花ということもあり、「原産は寒い地域かな?」と思われることも多々あるようです。

ただ、実際には主にメキシコなどで育てられているのです。

 

どんな花言葉があるのか、まずはチェックしてみましょう。

 

全般の花言葉は?

ポインセチア全般に共通している花言葉は・・・

「幸運を祈る」「純潔」「清純」「祝福」「私の心は燃えている」

とされています。

Sponsored Link

 

花言葉の由来とは?

メラメラと燃えるような真っ赤な色彩の花が、「私の心は燃えている」という情熱的な言葉の由来とされています。

また、原産地であるメキシコの先住民が花の輝きを見て、「純潔」の象徴と意味付けたともいわれています。

 

「祝福」はキリストの誕生に由来するという説もあり、クリスマスに飾る花としてピッタリなイメージがあります。

ポインセチア 花言葉

 

ポインセチアの色別の花言葉は?

色別で見ると・・・

  • 赤:「祝福」「私の心は燃えている」「聖夜」「聖なる願い」
  • 白:「あなたの幸せを祈る」「慕われる人」
  • ピンク:「純潔」「思いやり」
  • 黄色:「あなたの幸せを祈る」

などの花言葉があります。

 

基本的に、青色と黄色は、白のポインセチアを使って人工的に色付けをしているに過ぎません。

したがって、花言葉は存在しないようです。

 

レモンスノーと呼ばれる黄色のポインセチアには「あなたの幸せを祈る」というものがありますが、まだ正式なものとして定められてはいないようです。

Sponsored Link

 

ポインセチアの西洋(英語)での花言葉は?

また、西洋では・・・

【be of good cheer】=「元気を出しなさい」
【purity】=「純潔」

とされています。

日本のものとは少し異なっていますね。

 

ポインセチアの名前の由来とは?

もともと原産地であるメキシコでは、「聖なる夜」という意味の「ノーチェ・ブエナ」と呼ばれていました。

 

その後、米国の初代メキシコ公使で植物学者のジョエル・ロバーツ・ポインセット氏を記念し、ポインセチアという名前で呼ばれるようになりました。

彼が初めて母国アメリカにこの花を紹介したことに由来しています。

 

ちなみに、日本に初めて輸入されたのは、それから数十年後の明治時代頃とされています。

日本では「猩々木(ショウジョウボク)」という名前が付けられていますが、馴染みは薄いようです。

ポインセチア 名前 由来

「猩々」とは中国に伝わる伝説上の大酒飲みの動物(妖怪)のことで、縁起の良い麒麟や竜に似た存在です。

猿のような体と真っ赤な人間の顔を持つことで、ポインセアの和名の由来となり日本の歌舞伎の演目などにも登場します。

 
葉牡丹の花言葉と名前の由来!お正月に縁起物として飾られる理由とは?

Sponsored Link

 

ポインセチアとクリスマスの関係は?

17世紀頃、メキシコにフランシスコ修道会の僧たちが住居を構えるようになりました。

彼らは、ポインセチアの赤い苞葉を「キリストの清純な血の色」に例えました。

 

さらに、緑の葉を「農作物の生長」に、白い樹液を「純潔」に例えました。

そして、開花時期が冬で特に12月が最盛期であること、花言葉に「聖夜」があることから、キリストの誕生祭(クリスマス)にポインセチアを使用するようになりました。

 

また、緑の葉や赤い苞葉、さらにその中心部にある花序の姿が、クリスマスの象徴とされる「ベツレヘムの星」の形に似ていることも、その理由となっています。

ポインセチア クリスマス

ベツレヘムとは、聖母マリアがキリストを産んだ地名です。

この時、キリスト降誕を「東方の三賢者」に知らせ、その地へ導いた星こそがベツレヘムの星とされ、クリスマスツリーの最上部に飾られることでも有名ですね。

Sponsored Link

 

ポインセチアの特徴

メキシコ原産のトウダイグサ科トウダイグサ属の植物です。

11月~3月が開花時期で、12月が最盛期になります。

 

ポインセチアの赤い部分が花だと思われがち、あれは花を包んでいる苞葉(ほうよう)と呼ばれるものです。

苞葉の内側にある黄色い粒のような部分が、ポインセチアの花にあたります。

 

 

ポインセチアは、今ではクリスマスフラワーとも呼ばれていますね。

植え替えや切り戻しをしてあげると、1年中楽しめる強い品種です。

 

改良や色付けをされて、更にカラフルになった鉢植えはプレゼントにもオススメですよ!

Sponsored Link