初正月のお祝いの金額の相場!のし袋の選び方や渡し方のマナー!

お祝い・贈り物のマナー

初正月 お祝い 金額

初正月とは、赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月のことです。

江戸時代からの風習とされていますが、現在とは医療や食料の面で恵まれていたとはいえませんので、とてもおめでたいことでした。

 

昔は元日に歳を重ねる「数え年」をメインとしていたため、無事2歳を迎えられたということで盛大にお祝いしていたようです。

今でも残っている風習ですが、お祝いに招かれた場合は「ご祝儀」などで悩むことも多いと思います。

 

ご祝儀の金額はどれくらいが相場なのか?

のし袋(祝儀袋)の選び方、特に水引きの色や形と表書きの書き方は?

いつ渡すべきか、手渡しするのがマナーなのか?

 

現在では少し薄れてきた感もある祝い事であるため、色々と迷うこともあるようです。

そこで、今回は初正月のお祝いの金額の相場、のし袋の選び方や渡し方などに関するマナーについて詳しくご紹介します!

Sponsored Link

 

初正月のお祝いの金額の相場

赤ちゃんにとって最初のお正月ということもあり、お祝いの金額は奮発したくなる方も多いかもしれません。

ただし、親族間で「初正月」というお祝いの温度差が開き過ぎても困ったものですよね。

 

自分の立場によって祝い金の額も変わってきますので、大体の相場を知っておくことは大切です。

 

祖父母から孫へ

祖父母から孫へのお祝いの金額は、1万円~3万円が相場となっています。

昔のように贈り物を添えるとドーンと跳ね上がりますが、現在ではその分を現金で渡して赤ちゃん用品等に使ってもらうようです。

初正月 お祝い 金額 祖父母

祖父母の場合、初初月に豪華な羽子板や破魔弓・破魔矢などのセットをプレゼントをすると、もっと高額になることも考えられます。

 

兄弟・姉妹の子へ

兄弟・姉妹の子ども、いわゆる「甥っ子」「姪っ子」に渡す場合は5,000円ほどが相場となっています。

渡す側がまだ学生などでお祝いを捻出するのが難しい場合、相場にこだわる必要はありません。

 

大事なのは金額ではなく、お祝いしようとする気持ちですね。

兄弟・姉妹に相談して、赤ちゃんに直接渡せるようなプレゼントに替えてみてもよいですね。

Sponsored Link

 

親戚の子へ

親戚の子へお祝いを贈る場合は、普段のお付き合いによっても金額の差が生じてくるようです。

全体的な相場は、3,000円~5,000円程度となっています。

 

親しい親戚の子には「お祝い+プレゼント」を用意する人が多いですね。

初正月では、赤ちゃん用のおもちゃやオシャレな歯固めなどが人気があるようです。

 

初正月のお祝い金の渡し方

お祝い金の渡し方で大切なのは、まずお年玉と区別することです。

小さいポチ袋はやめて、のし袋(祝儀袋)を用意して渡しましょう。

 

いつ渡すべき?

初正月のお祝い金は、新年になってからではなく年末に渡す方のがベストです。

特に、羽子板などの飾り物を一緒に贈る場合は、年末の12月28日に正月飾りと共に飾って新年を迎えます。

初正月 お祝い金 いつ渡す

正月飾りはいつ飾るのがベスト?何をいつまで飾る?

相手の都合にもよりますが、お祝い金も年末に会える機会あればその時に渡しておきたいですね。

 

手渡しが基本?

お祝いごとの贈り物は、基本的に直接顔を合わせて手渡しするのが一番喜ばれます。

しかし、初正月の時期に会えない遠方や、予定が合わない時などは郵送で送ることも可能です。

 

祝儀袋を郵送する時には、現金書留で送りましょう。

初正月 祝い金 手渡し

「直接手渡したいところですが…」といったメッセージを添えておくとよいですね。

 

のし袋(祝儀袋)の選び方や水引きは?

のし袋にも様々なタイプがありますよね。

お祝い事には金額に合った大きさの、できるだけ華やかな祝儀袋を選びましょう。

 

水引きは赤ちゃんがこれから先、何度でも正月を迎えられるように花結びを選びましょう。

初正月 お祝い のし袋

初正月はお祝い事ですので、ぜひ和紙を二枚折りたたんで作られているものを選んでください。

こちらを何度もお祝いが重なることを意味します。

 

表書きは何と書く?

表書きには・・・

  • 「初正月御祝」
  • 「御祝」
  • 「奉初正月」
  • 「祝初正月」

などと書きます。

 

水引きの下、中央部にはご自分の名前を書いてくださいね。

 

初正月のお祝いの羽子板・破魔弓・破魔矢は誰が買うべき?

初正月のお祝いといえば、男の子には破魔弓・破魔矢、女の子には羽子板ですね。

どちらもアクリルのケースに入った豪華なものが多いです。

 

基本的に、どちらも魔除け(厄除け)の意味を持ち、また無病息災を祈って飾るものです。

初正月 破魔弓 破魔矢

ただし、決して安い買い物ではありませんので、誰が買うべきかという問題もありますよね…。

赤ちゃんの両親としては贈り物としていただくのが理想的ですが、実際はどのようなしきたりがあるのか知っておきたいですね。

 

今も母方の祖父母なの?

昔の結婚制度は「嫁に出した」「女性が家に入る」という言葉通り、相手方の戸籍に女性が入っていく形でした。

そして、孫が生まれると、嫁に出した側の両親が娘が出産した喜びと偉業を表明するために、季節ごとの縁起物は赤ちゃんから見て母方の祖父母が贈る風習がありました。

 

しかし最近では、昔と家の概念も大きく変わり、嫁に出したという認識自体が時代遅れになっています。

母方の祖父母

破魔弓・破魔矢や羽子板はそれぞれ高額な贈り物になるため、両家の祖父母が折半して購入することも増えています。

また、赤ちゃんの両親が好きな飾り物を購入できるよう、お祝い金を多めに渡すことも多いですね。

 

羽子板はいらないという人も多い!

マンションが増えた昨今では、ケースに入っている羽子板は少し敬遠され気味です。

初正月にいただいたものを自宅に飾ると、結構場所を取ってしまいますよね。

 

女の子の場合、初節句の時に「雛人形をどうするか?」と考える必要もあるのです。

初正月 羽子板

男の子の場合は、破魔弓・破魔矢のセットも立派な五月人形として利用できるため、場所を取り過ぎることもありません。

 

最近では本棚に飾られるぐらいのコンパクトタイプの羽子板も販売されています。

また、壁掛けタイプのものもあります。

 

なるべく贈り先の家のスタイルに合った羽子板をプレゼントすることをオススメします。

 

最近では薄れてきた行事の初正月ですが、やはり生まれてきた赤ちゃんのお祝い事は何でもしてあげたいと思うのが親心。

ただ、しきたりに捉われ過ぎると窮屈になりますので、すべてにおいて柔軟に対応したいですね。

Sponsored Link