コールドムーン2021年はいつ?名前の由来と時間・方角・高さは?

2021年7月30日宇宙とスピリチュアル

コールドムーン 2021年 いつ 名前の由来

主に英語圏では、12月の満月のことを「コールドムーン」と呼んでいます。

2021年はいつ見られるのか楽しみにしている天体観測ファンの方も多いと思います。

 

コールドムーンという名前の由来も気になりますが、ピークの時間や方角、高さなどもチェックしておきたいですね。

1年最後の満月となるだけに、夜空に浮かぶ月を見上げて願い事をするのもよさそうです。

 

そこで今回は、コールドムーン2021年はいつ?名前の由来と時間・方角・高さは?というテーマで詳しくご紹介します!

Sponsored Link

 

2021年のコールドムーンはいつ?ピークの時間は?

2021年 コールドムーン いつ

2021年のコールドムーンは12月19日(日)に見られます。

望(満月)となるピークの時間は13:36となっていますので、残念ながら日本から見ることはできません。

 

ただし、夕方の日没の頃には地平線上に昇り、翌朝まで一晩中美しいコールドムーンを見ることができそうです。

新月からの日数(経過時間)を表す月齢は14.8となっています。

 

月の満ち欠けの周期は約29.5日といわれていますので、満月の月齢の平均値はその1/2の約14.75です。

今年ラストの満月になりますので、ぜひスッキリ晴れてほしいですね!

Sponsored Link

コールドムーンの名前の由来は?

コールドムーン 名前 由来

コールドムーンという名前は、1年のうちでも寒い時期の満月であることに由来しています。

日本語訳では「寒月」、英語表記では「Cold Moon」となりますので、冬の寒さが本格化する頃に見られます。

 

ネイティブアメリカンたちは1年(12ヶ月)の満月にそれぞれ季節の動植物や自然現象に由来する名前を付け、農作物の収穫や狩猟を行うための指針としていました。

彼らの時代は月の満ち欠けを頼りとする太陰暦(旧暦)を使っていたため、満月により季節の移り変わりを正確に知り、1年間を生き抜く術としていたのです。

 

コールドムーンもその1つで、アメリカの先住民族たちは月の姿を見て「本格的な冬の到来」を認識していたようです。

また、彼らの訓えには「暑さ」「寒さ」「飢え」などの苦痛は「神様からのプレゼント」とする考え方があります。

 

苦痛や不快の中では究極にまで五感が研ぎ澄まされるとし、コールドムーンはネイティブアメリカンの生き様や強さの象徴となっています。

日本独自の言葉にも「寒月(かんげつ)」というものがありますが、「冬の夜の冷たく冴えわたる月光」を意味し、どちらかといえば風流や趣を感じさせるものですね。

コールドムーンの別名は?

コールドムーン 別名

コールドムーン以外にも12月の満月には以下の別名があります

  • ロングナイトムーン:Long Night Moon(長夜月)
  • ムーンビフォーユール:Moon Before Yule:(ユールの前の月)
  • クリスマスムーン:Christmas Moon:(クリスマス月)
  • オークムーン:Oak Moon(オーク月)
  • ビタームーン:Bitter Moon(苦月)
  • ピーチムーン:Peach Moon(桃月)

「ロングナイトムーン」とは、冬至を迎える12月頃の「長い夜」に見られる満月を指しています。

 

また、「ムーンビフォーユール」「ユール」とは、もともと北欧を含むゲルマン民族の「冬至祭」のことです。

冬至は太陽の力が再生される新年と考えられていましたが、後にキリスト教が入って以降、北欧では今もクリスマスをユールと呼んでいます。

 

「オークムーン」「オーク」とは、ケルト民族の間で最も神聖とされていた「楢の木」を表しています。

もともとケルト民族は紀元前にヨーロッパ全土に広がっていきましたが、このオーク(楢)は現在でも世界中で「最も神聖な樹木」として崇拝されています。

 

ネイティブアメリカンに由来するコールドムーンも、北欧を中心に様々な別名で呼ばれていることがわかりますね。

Sponsored Link

コールドムーンを見られる時間はどのくらい?

コールドムーン 見られる時間

1年ラストを飾るコールドムーンを楽しめる時間(長さ)も気になるところですよね。

日本の国立天文台(NAOJ)が発表している12月の月の出・月の入り時刻を見ると、コールドムーンが見られる時間も算出できます。

地域 月の出 月の入り 時間(長さ)
札幌 15:51 7:57 16時間06分
仙台 16:11 7:40 15時間29分
新潟 16:20 7:46 15時間26分
東京 16:24 7:36 15時間12分
小笠原 16:39 7:00 14時間21分
名古屋 16:37 7:46 15時間09分
大阪 16:45 7:50 15時間05分
広島 16:58 8:02 15時間04分
高知 16:56 7:55 14時間59分
福岡 17:09 8:08 14時間59分
鹿児島 17:14 8:01 14時間47分
那覇 17:41 7:58 14時間17分

最も長い時間コールドムーンを見られるのは、緯度の高い北海道・札幌の16時間06分となっています。

逆に、緯度の低い小笠原(東京都)や沖縄の那覇では、14時間17分~21分と1時間半以上の開きがありますね。

 

東京でも15時間12分となっていますので、1年の内で最も長く楽しめる満月がコールドムーンといえそうです。

もともと満月の日は、地球から見て太陽と月の位置関係が180度異なっています。(黄経差180度)

 

当然、日没の頃に月が地平線上に昇り、翌朝の日の出の頃に月が沈むことになりますので、1年で夜の時間が最も長い冬至(12月22日頃)に近づくほど、長い時間満月を見ることができます。

当日に見逃したという人でも、翌朝の通勤時間くらいまではコールドムーンを見るチャンスもありますね!

Sponsored Link

コールドムーンの方角と高さは?

 

コールドムーン 方角 高さ

コールドムーンの軌道にも注目して見てみましょう!

夜間の満月昼間の太陽は、季節が逆転したようなアーチを空に描きます。

 

したがって、コールドムーンは12月19日の日没頃に東北東の方角から昇り、翌朝20日の日の出頃に西北西の方角に沈んで行きます。

上記イラストの「夏至の満月」と同じような高い軌道を通ります。

 

当日の月の南中高度も調べてみましたので、満月の高さにも注目してくださいね。

地域 南中時刻 南中高度
札幌 23:52 72.8度
仙台 23:54 77.7度
新潟 0:02 78.0度
東京 23:59 80.3度
小笠原 23:49 89.0度
名古屋 0:11 80.8度
大阪 0:17 81.3度
広島 0:29 81.6度
高知 0:25 82.5度
福岡 0:38 82.4度
鹿児島 0:37 84.4度
那覇 0:49 89.9度

※赤文字=南中時刻が午前0:00を過ぎるため、正確には翌20日の南中高度になります

南中高度を見ると、最も緯度の高い北海道・札幌でも72.8度と非常に高くなっています。

東京で80.3度、緯度の低い小笠原や那覇では89度に達していますので、コールドムーンがいかに高い軌道を通るかがよくわかります。

 

ずっと眺めていると首を傷めそうになりますので、ご注意くださいね!

月の南中高度とは?
月が真南に来て、最も高く昇った時の地平線との間の角度です。仮に90度とすると、ほぼ頭上まで月が昇ることになります。ただし、南中時刻は地域や季節によっても変化します。

コールドムーンを見る時の注意事項!

コールドムーン 注意事項

1年間の満月には、それぞれ見るだけ叶う願い事が設定されています。

そのため、今年ラストとなるコールドムーンをぜひ肉眼で見たいという人も増えると思います。

 

カップルで一緒に眺めながら願い事を託すものよさそうですね。

ただし、12月後半に入る頃は冬の寒さが厳しくなる時期でもありますので、しっかり防寒対策をお願いします。

 

とくに雪が降るような地域では凍えるような寒さも予想されますので、「コールドムーンを見ていたら風邪を引いてしまった」ということが無いように注意したいですね。

 

また、満月は地平線付近にある時が目の錯覚により「最も大きく見える」といわれています。

深夜に高い月を見るのもオススメではありますが、月の出・月の入り時刻に見たり、写真を撮影したりするのもよさそうです。

 

コールドムーンが見られる当日はSNSでも話題になると思いますが、くれぐれも薄着で外に出て体調を崩さないようご注意くださいね!

Sponsored Link

コールドムーン2021年はいつ?名前の由来と時間・方角・高さは?のまとめ

2021年の12月の満月・コールドムーンは12月19日(日)に見られます。

ピーク時はお昼過ぎの13:36で、日本からは見ることができませんが、夕方から翌20日の早朝まで楽しむことができますよ!

 

今年の満月の軌道では最も大きなアーチを描きますので、高さにも注目して見てくださいね。

当日は日没頃に東北東の方角を見ておくと、コールドムーンが昇ってくる様子も見られるはずです。