向井陸翔の顔画像をTwitterで入手!富田林市追突事故で丸尾景造さん死亡!

2019年6月10日ニュース・速報

向井陸翔 顔画像 Twitter 

6月9日(日)午前6時5分頃、大阪府富田林市の路上で普通乗用者が軽自動車に追突する死亡事故がありました。

追突した車を運転していたのは向井陸翔容疑者で、自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で逮捕されています。

 

ネット上では、向井陸翔の顔画像や住所、職業などの情報を検索する人が急増しているようですが、なんとかTwitterを特定することができました。

どうやら仲間と朝まで酒を飲んでいたようで、大阪府警富田林署は危険運転致死の疑いも視野に捜査を進めているようです。

 

亡くなったのは和歌山県橋本市の会社員・丸尾景造さんで、衝撃で車から投げ出されて頭を打つなどして死亡が確認されています。

そこで、Twitterを特定して入手した向井陸翔の顔画像と住所や職業などを詳しくご紹介します。

 

大阪府富田林市で起きた追突事故の詳細は?

まずは追突事故の詳細を見て行きましょう。

向井陸翔の酒気帯び運転の可能性が著しく高く、許せない死亡事故となっています。

 

軽自動車を運転してた丸尾景造さんは車外に放り出されたことが死因に繋がっています。

どれだけのスピードで追突されたのかはわかっていませんが、相当な衝撃を受けたことが読み取れます。

 

日曜日の朝の突然の訃報に、ご家族もさぞ悲しまれていることでしょう。

現在、向井陸翔の容疑は自動車運転処罰法違反(過失致死)とされていますが、危険運転致死傷罪に切り替えられる可能性も高いかと思われます。

 

危険運転致死傷罪は故意に危険な運転をした際に適用されています。

大阪府富田林の追突事故に関しては、酒に酔って猛スピードで車を走らせたり、煽り運転をした挙句の事故という疑いも警察は念頭に置いて捜査しているようです。

 

仲間と夜通し酒を飲んでいたことが立証されれば、単なる過失致死では済まなくなる可能性もありますね。

そもそも酒気帯び運転をすること自体が「危険運転」だと思うのですが、日本の法律にはどうも府に落ちない点も多いです。

 

向井陸翔の顔画像をTwitterで入手!

報道各社のサイトを隈なく調査してみましたが、現時点で向井陸翔の顔画像は見当たりませんでした。

しかし、本人のものと思われるTwitterを特定できましたので、顔がバッチリ写っていました。

 

もし危険運転致死傷罪で書類送検されることになると、顔画像だけでなくテレビなどでも映像として流れる可能性が高くなります。

もちろん有耶無耶になる恐れもありますので、Twitterを特定できてよかったです。

 

イメージとしては「大阪のヤンチャな兄ちゃん」といった感じですよね。

今時の22歳といえばそれまでですが、やはりお酒が好きなことはよくわかりました。

 

Twitterでは「飲みたい」「二日酔い」などの文言がよく出てきますので、酒気帯び運転も常習性があったかもしれませんね。

断定はよくありませんので、あくまで予想にとどめておきます。

 

向井陸翔の住所や職業は?

向井陸翔の住所に関しては、「大阪府河内長野市荘園町」まではわかっていますが、以降の番地などの記載はありませんでした。

職業が「自営業」になっていますので、お近くにお住まいの方であればお分かりの方も多いかもしれませんね。

 

普通乗用者に乗っていた3人がどこで酒を飲んでいたかはわかっていませんが、向井陸翔の住所から事故現場までは車で15分くらいの距離であることがわかります。

現場は「大阪府富田林市錦織北の国道」と判明していますので、仮に自宅で飲んでいたとすると最短ルートで13~14分の距離になります。

 

マスメディアによると職業は「自営業」と報道されるだけで、どんな仕事をしているのかはわからないことも多いですね。

ただし、Twitterを特定することができましたので、本人のツイートをずっと見て行けば職業なども判明するかもしれません。

 

向井陸翔のFacebook特定は?

実際にFacebookで検索をかけて特定できないか挑戦してみました。

向井陸翔という人物は1人のみヒットしましたが、住所は青森県八戸市となっていました。

 

同姓同名の別人の可能性が高いようです。

本人がFacebookのアカウントを持っていないことも考えられますね。

 

大阪府富田林市の追突事故で亡くなった丸尾景造さんのデータは?

被害者の方だけに軽めのデータだけにしておきます。

【丸尾景造】

  • 年齢:34歳
  • 住所:和歌山県橋本市(以降の番地などは不明)
  • 職業;会社員
  • 死因:追突事故により車外に放り出された際の頭部損傷の可能性が高い
  • 家族:詳細は不明

 

大阪府富田林市の追突事故に遭わなければ、どんな日曜日を過ごされていたのでしょうか…。

ご冥福を祈るばかりです。

 

では、大阪府富田林市の追突事故に関するネットの反応を見てみましょう。

当然ながら、容疑者となってしまった向井陸翔には厳しい意見が目立ちました。

 

自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で逮捕

なぜ、事故は起きてしまったのか

 

よく考えると同乗者の友人も罪に問われることになると思います。

今は入院中かもしれませんが、今後3人には辛い人生が待っているかもしれませんね。

 

「飲んだら乗るな」、もうこの言葉に尽きますね!

 

まとめ

  • 6月9日早朝、大阪府富田林市の国道で追突事故が起こった
  • 加害者となったのは向井陸翔容疑者で、自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑
  • 今後は危険運転致死傷罪に切り替わる可能性もある
  • 向井陸翔のTwitter特定で顔画像を入手できた
  • 住所は大阪府河内長野市荘園町で、職業は自営業
  • Facebookはやっていない模様
  • 亡くなったのは和歌山県橋本市の会社員・丸尾景造さん

 

本当に酒気帯び運転だけは許せませんが、さらに危険運転をしていれば重罪が科せられます。

この事件の今後の注目は、裁判で決まる量刑になるでしょう。

トップ画像出典:Twitter