立花良夫容疑者の顔画像や住所と家族は?中日新聞社員が痴漢で逮捕!

2019年5月16日ニュース・速報

立花良夫 顔画像 住所 家族

5月15日(水)、神奈川県警川崎署は中日新聞社員の立花良夫容疑者を現行犯逮捕しました。

逮捕容疑は、同日午前8時頃の通勤ラッシュ時に、JR上野東京ライン川崎駅-品川駅間の車内で川崎市幸区に住む契約社員の女性(24)の下半身を触ったとしています。

 

またしても女性に対する卑劣な犯罪ですが、立花良夫容疑者の顔画像や住所、家族なども気になりませんか?

もし奥さんや子供がいたら、恥ずかしくて外に出られませんよね…。

 

 

本人は痴漢を働いたとして「県迷惑行為防止条例違反」の疑いを概ね認める供述をしていますが、本当に許せない所業ですよね。

中日新聞社員ということで、報道する立場の人間が痴漢で報道されるなんて呆れてしまいました。

 

では、JR上野東京ライン川崎駅-品川駅間で起こった事件や立花良夫容疑者の詳細についてご紹介します。

 

立花良夫容疑者が起こした事件の詳細は?

立花良夫容疑者 痴漢
まずは立花良夫容疑者が痴漢行為をしたJR上野東京ライン川崎駅-品川駅間での事件の詳細です。

現場を目撃し身柄を取り押さえたのは、警戒中の神奈川県警鉄道警察隊員でした。

15日午前8時ごろ、JR上野東京ライン川崎駅−品川駅間を走行中の電車内で、川崎市幸区に住む契約社員の女性(24)が、男に下半身を触るなどされているのを神奈川県警鉄道警察隊員が発見。男を取り押さえて県警川崎署員に身柄を引き渡した。

 東京都迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕されたのは、中日新聞東京本社社員の立花良夫容疑者(57)=横浜市鶴見区駒岡=で「女性のお尻を触ったのは間違いない」などと容疑を認めている。

 同署によると、4月に女性から電車内で痴漢の被害に遭っていると相談があり、この日は同署から要請を受けた鉄道警察隊員が車内で警戒に当たっていた。

 中日新聞東京本社の林倫郎総務局次長は「本社社員が逮捕されたのは誠に遺憾です。事実関係を確認したうえ、容疑が事実なら厳正に対処します」とのコメントを発表した。

出典:産経デジタル

 

事件の記事を見ると、JR上野東京ライン川崎駅-品川駅間では4月頃から痴漢行為が増えていたようです。

そこで鉄道警察隊員が警戒に当たっていたようですが、今回逮捕された立花良夫容疑者は余罪についても追及されることになるでしょう。

 

路線は神奈川(川崎)~東京(品川)を走りますので、県と都の迷惑防止条例違反になっています。

逮捕したのが神奈川県警になりますので、最終的には県の条例違反という形になりそうですね。

 

中日新聞社の林倫郎総務局次長も相当お怒りのようですし、立花良夫容疑者には懲戒解雇という厳しい沙汰が待っている可能性大です。

定年退職に近い年齢での犯罪となると退職金の心配などもありますので、今までの頑張りが水泡に帰すことも…。

 

もちろん痴漢は「魔が差した」では通用しませんので、社会的信用も崩れてしまうことになります。

理性が効かない点は問題視されますが、特に男性は注意しなければなりません。

 

事件が起こった場所は?

事件が起こった場所は川崎駅のすぐ近くだということもわかります。

痴漢の被害に遭った契約社員の女性と立花良夫容疑者が乗っていた路線は、午前8時頃だと川崎~品川間は10分程度しかかかりません。

地図を見ると他に停車駅がないこともわかりますので、2人が乗った直後に事件が発覚したようです。

場所が川崎駅を出てすぐのところであれば、立花良夫容疑者はあらかじめ女性のことを知っており、以前から狙っていた可能性もうかがえます。

 

もともと新聞社の人間ですから取材は得意でしょうが、絶対NGの手法を使ってしまいましたね。

57歳にもなって善悪の判断が付かないのは残念で仕方ないです。

立花良夫容疑者の顔画像や住所、家族構成は?

立花良夫容疑者の顔画像は今のところ公表されていません。

Facebookなどを見ても該当する人物は見当たりませんでした。

 

住所はハッキリしていますので、もし顔画像が入手できれば追記したいと思います。

現在、わかっている情報をプロフィールにまとめてみます。

【立花良夫】

  • 年齢:57歳
  • 住所:横浜市鶴見区駒岡3丁目
  • 職業:中日新聞東京本社(東京新聞)総務局員
  • 容疑:神奈川県・東京都迷惑防止条例違反(痴漢)

 

住所は「3丁目」となっていますが、今後もう少し細かいところまでわかるかもしれません。

近所の人であれば、すぐに顔などもわかってしまうレベルだと思います。

立花良夫容疑者の家族は?

立花良夫容疑者の家族構成についてもまだわかっていません。

本人は取り調べに対し「女性のお尻を触ったことに間違いありません」と容疑を認めているだけに、奥さんや子供がいれば大変なことになるかもしれません。

 

特に子供は社会人になっている可能性が高いため、身内ということは伏せておきたいでしょうね。

また、奥さんの心理状態も心配されますが、孫がいてもおかしくない年齢ですので、家族や親戚などにも迷惑が掛かる可能性もあります。

 

自業自得とはいえ、顔画像や住所、家族構成なども簡単にわかる時代ですので、大人として毅然とした態度が要求されますね。

 

ネットの反応は?

容疑が痴漢だけに厳しい意見が多いようですが、ネットの反応も見てみましょう!

Twitterには立花良夫容疑者や中日新聞社へのツイートが増えて来ています。

今回は若い女性を狙った卑劣な事件でしたが、中日新聞社として謝罪会見はないのでしょうか?

あるとしても本人の顔を晒すようなことはないと思いますので、上層部だけの謝罪ならあるかもしれませんね。

 

とにかく減っているようで、全然減っていない痴漢問題。

何か上手な対策を講じる時期に来ていると思いますが、いかがでしょうか?

 

まとめ

  • 中日新聞社員の立花良夫容疑者が痴漢の疑いで逮捕された
  • 場所はJR上野東京ライン川崎駅-品川駅間の車内
  • 被害に遭ったのは川崎市に住む契約社員の女性
  • 立花良夫容疑者の顔画像や家族構成は現時点で不明
  • 住所は横浜市鶴見区駒岡3丁目
  • 痴漢を認めているため懲戒解雇もあり得る

 

今後の展開はどうなるかわかりませんが、まず痴漢を防止する対策が必要ですね。

女性専用車両といっても莫大な費用が掛かりますので、鉄道警備隊の存在をもっとアピールすることも抑止に繋がる可能性があるかもしれませんね。