【山口県警】出会い系で複数交際の20代女性巡査は誰?顔や名前は?

2019年4月18日ニュース・速報

山口県警 不適切交際 20代女性巡査

山口県警でまた不祥事です。

4月17日、出会い系アプリを利用して複数の男性と交際していた20代女性巡査が減給処分を受け、その日の内に依願退職していたことが判明。

 

金銭の提示までしていたと報じられていますので、「売春」行為があった可能性大です。

現在のところ「山口県警山陽小野田署の20代の女性巡査」とだけ報じられていますので、「それが誰なのか?」「顔の画像や名前を出せ!」という声が挙がっています。

 

また、「使ったアプリは何?」という声もあるようです。

今回は山口県警山陽小野田署の20代女性巡査は誰なのか?をテーマに詳しくご紹介します。

 

山口県警の不適切交際の20代女性巡査は誰?顔や名前は?

まずは山口県警の20代女性巡査が不適切交際をしていたというニュースの概要です。

山口県警山陽小野田署の20代の女性巡査が、出会い系アプリを利用して複数の男性と不適切に交際したとして、同県警が1日付で減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を科し、当該女性巡査が同日に依願退職していたことが17日、分かった。

山口県警によると、女性巡査は18年5月から8月にかけて、スマートフォンの出会い系アプリを利用して複数の男性と知り合い、交際していたという。金銭の提示もしていたという。同巡査が2月に署に相談して発覚したもので「申し訳なかった」と反省していたという。同県警は私行上の事案については免職、停職のみ発表という指針に従って、公表していなかった。

引用:日刊スポーツ

 

この記事を見ると「20代女性巡査が誰なのか?」ということはわかりませんよね…。

もちろん顔や名前の掲載はありません。

 

山口県警としてしっかり取り調べをしたのか?という疑問も残ります。

相手の男性が未成年という可能性もありますし、金銭の提示があって肉体関係があれば、もう売春ということになり犯罪者ですからね。

 

ただし、この手の話は地元だとすぐに広まりますので、インターネット上に顔や名前が掲載されたり、誰なのかがハッキリする日も近いかもしれませんね。

一度顔や名前がアップされると一生消せない汚点となりますので、今の時代悪いことはできないですね。


 

出会い系アプリで交際した20代女性巡査で判明していることは?

山口県警山陽小野田署に勤務し、出会い系アプリを利用して複数の男性と交際していたと見られる20代女性巡査。

現時点で判明していることは下記の通りです。

  • 山口県警山陽小野田署勤務の20代の女性巡査
  • 出会い系アプリを利用して複数の男性と交際(相手の男性などの情報はなし)
  • 金銭の提示もしていた
  • 肉体関係があったのかは不明
  • 不適切交際の時期は2018年5月~8月
  • 山口県警山陽小野田署に相談(ある意味、自首)
  • 県警の対応は減給10分の1(1カ月)の懲戒処分
  • 県警は免職や定職ではないとして発表しなかった

※(追記)同居男性とトラブルになり署に相談しています。

 

女性巡査は4月1日付で減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受けていたことも判明しています。

結局は依願退職という形になっていますが、まず山口県警の処分が甘いと思いませんか?

 

恐らく20代女性ということを考慮すると、減給といっても2万円前後ではないでしょうか…。

警察官も普通の人間であることに変わりありませんが、これでは一般市民を守る立場にないと思えてならないです。

 

20代女性巡査は同居男性とトラブルになり、署に相談したことも判明しています。

その男性が出会い系アプリで知り合った人という可能性も十分考えられます。

 

金銭の提示など、男女のお付き合いの中でやるべきことじゃありませんよね?

警察官としてではなく人間としておかしい話で、これはもう懲戒免職に相応しい事例だと思われますが、いかがでしょうか…。

 

不祥事続きの山口県警は大丈夫?

山口県警では、今回の事件とほぼ同時期に下関署の女性巡査がデリヘルをやっていた不祥事もありましたね。

詳細については下記の通りです。

山口県警では、下関署の女性巡査が18年9月から11月にかけて、福岡県内の派遣型風俗店に勤務して約8万円の報酬を得ていたとして、同12月18日付で減給10分の1、1カ月の懲戒処分を受け、依願退職した不祥事があったばかりだ。

相次ぐ女性警察官の不祥事に、山口県警の関係者は「うちとしても、まことに遺憾。引き続き、全職員に倫理教養、心情把握、指導を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。4月1日付で、当該女性巡査が依願退職後、職員への指導を徹底しているとした。

引用:日刊スポーツ

これも処分が甘いとしか言いようがありませんね。

定職や免職ならまだしも、辞めていった人間は誰なのか発表する義務もないし、顔も名前も公表しないというスタンスです。

 

依願退職は自己都合退職の一種ですが、恐らくは首にすると不祥事が大きくなってしまうため、逆に県警のために辞めてくれとお願いしているようなもの。

もう倫理という言葉が崩壊しちゃってますよね。

 

「安倍首相のお膝元は大丈夫ですか?」と言いたい気分です。


 

山口県警や20代女性巡査へのネットの反応は?

今回の山口県警の対応や20代女性巡査に対するネットの反応も様々です。

Twitterの情報を中心に見ていきましょう!

 

「無敵の副業モデルだ」という書き込みにはビックリしました。(笑)

「婦警の売春」という響きも結構怖いものがありますね。

 

依願退職した女性はこれからどうやって生きて行くのでしょうか?

自業自得とはいえ、一体誰なのか判明したり、顔や名前が出るような事態になれば、その身が案じられますね。

 

まとめ

  • 山口県警20代女性巡査が出会い系アプリを利用して複数の男性と交際していた
  • 現時点で女性巡査が誰なのか?顔や名前などはわかっていない
  • 金銭の提示もしていたが、肉体関係などがあるかは不明
  • 相手の男性らの年齢などの詳細は発表されていない
  • 女性巡査は懲戒処分を受けているが、すでに依願退職している
  • 山口県警は不祥事続きで、今後の信頼回復に時間が掛かるかもしれない

 

結局は現時点で20代女性巡査が誰なのかは明らかになっていません。

いずれ顔や名前がハッキリしたら、また追記したいと思います。

 

山口県警の今後の動向にも注目していきたいですね。